HOMEMONTHLY SCHEDULEPICK UP PARTYREGULAR PARTYMUSIC CAHRTDJ PROFILESALSACOVER ARTINFORMATION
CLUB MAGO
PICKUP PARTY
2017.05.MAY.PICK UP PARTY
02
TUE

PURE______ (pure blank)
DJ DIE JAPAN TOUR 2017 NAGOYA supported by BS0
@CLUB MAGO / Live & Lounge Vio / Gallery Muku

[ D&B. DUB STEP and any dancemusic. ]

□09□ADV&W/F:2500.DOOR:3000.

CLUB MAGO ROOM1: PURE BOOST
DJ: DJ DIE (GUTTERFUNK / Bristol)
Dx (Soi / BS0 / Tokyo) AGO (NATTY)
将軍 (fluid-Nagoya) HIDAKA (低音研究会)
Sammy the Riot (RIOTgirls)

MC: GOSHIP (Chameleon / Filter80) BAZER.
TRUMPET: Mamoru Inoue

CLUB MAGO ROOM2: PURE ROOTS
DJ: DJ tA.hA.rA. (DUB ME CRAZY) KOJA (IF….)
nutsuman. SILAS.

Live & Lounge Vio: PURE GROOVE
DJ: Chris Ollier (Dope Jams / Disco Demands)
T Plays It Cool (Dope Jams / Disco Demands)
NODA (FUSION / SV) TAIHEI (GOLD EXPERIENCE)

DOUBLE DUTCH PERFORMANCE: AMPHIBIAN

Gallary Muku:
MISUZU COFFEE. HOME CLOTHING
LITTLE BITCH KITCHEN. 甘藍.

PURE______ (pure blank)
ドラムンベースの…ブリストルの…そして現行ベースミュージックの生きる伝説にして最前線、DJ DIEがついに初来名!初期のハードコア・シーンから、RONI SIZEとのユニット「REPRAZENT」~FULL CYCLEでの活躍を経て、現在はレーベル「GUTTER FUNK」とフューチャーブギー/ディスコ・プロジェクト「SURE THING」を率いて、マルチジャンルに影響力を増すDJ DIE。 その幅広い音楽性をそのまま名古屋に共振させるべく、ベース/ディスコ・ブギー/ルーツの3ルームを用意。さらにこちらも東京レジェンドDJ Dxを迎え、ダブルダッチパフォーマンスやポップアップショップも参加し、新栄の地下がレイブ会場と化す。 ぜひMAGO、VIO、ギャラリーと3フロアを存分に使い切って遊んで欲しい。

DJ DIE -GUTTERFUNK / Bristol-
DJ Dieは、ハードコア~ジャングル~ドラム&ベース・シーンのパイオニアであり、XL Recordings、Talkin’ Loud、そしてもちろんFull Cycleといった影響力のあるレーベルからリリースをしてきたブリストルのアーティスト。彼は革新者であり続け、彼が受けてきた広範な影響と未来への確固としたヴィジョンを通じ、ルールや伝統を無視した新たな錬金術を創造してきた。Dieの情熱は、境界の無い新しい音楽を発見し創造することに向けられており、その情熱は、彼が運営するプロデューサー/DJ/アーティストが集まるレコード・レーベルであり創造的ハブでもあるGutterfunkに集中している。彼の最近のコラボレーションやプロジェクトには、進行中のDismantleとのDieMantleや、Addison Grooveとの共同作業、そして現時点では秘密のプロジェクトがある。2017はDJ Dieにとってエキサイティングな1年になるに違いない。

Dx -Soi / BS0 / Tokyo-
90年代初頭にレアグルーヴDJとして活動を開始。90年代半ばにジャングルに傾倒し、97年に今なお続き、ついに20年目に突入した“野蛮ギャルド”なドラム&ベース・パーティーSoiを始動。ベースラインを数珠つなぎで自由自在に操り、フロアから二度と抜け出せな“ベース蟻地獄”に陥れるドープなミックスを武器に、これまでありとあらゆる重低音パーティーに出演してきた。04年にはUKレーベルEASTSIDEから12インチをリリース。その後も国内外レーベルからのリリースに加え、日本人ドラム&ベース・コンピ 「Tokyo Rockers」ディレクションや数々のリミックスワークなど制作活動も精力的に展開。現在はSoiやBS0でのDJ活動を中心に、ドラム&ベース/ジャングルのみならず、ダブステップやジューク、ジャズ、ワールドミュージックまでBPMやジャンルを越境する独自のサウンドを追求しつつ、日々止むことのない重低音ライフを送っている。

03
WED

DEEP VIBE -GW TOUR’17-WYS! 10th World Tour

[ TECHNO and any dance music. ]

□TBA□ADV&W/F:2500.DOOR:3000.

GUEST DJ: Peter Pixzel (WYS!/fabric/UK)

DJ: Hattori -Pigeon Record/Black Cream-
Kult Q (DEEP VIBE)-live- Goemon (DEEP VIBE) -live-
Yasuto aka Paper (DEEP VIBE) Junya (Harvest Dance/Tokyo)

-Room 2-
DJ: YUU -DEEP VIBE- Miyaka -taxis- Mnta -Harvest Dance/Tokyo-
Keisuke Miura -DEEP VIBE/Harvest Dance- Haruki -mago-
VJ :YAmAmoto=YUichiRO

Peter Pixzel -WYS!/fabric London. DEN/UK-
コペンハーゲン生まれのPeter Pixzelは2000年にロンドンに移住し活動するDJ/Producer。ロンドンの名門fabricにて、毎週日曜に開催され今年10周年を迎えたパーティ「WetYourSelf!」のレジデントDJ/オーガナイザーである。パーティと同名のレーベル”WetYourSelf! Recordings”も運営し、数々の作品をリリースし続けている。現在までに、ロンドンの主要各クラブに加え、イビザの​Space, Amnesia、​ベルリンのRitter Butzke, ChaletにWatergate、パリのRex、さらに南米はブラジル、コロンビアからアジアは東京までと世界中をサーキットし続けている。 また、August Jacobsonとのユニット”APP”としてもロンドンで広く名が知れ渡り、Dinaymic, Kindisch, Watergateなどの名門レーベルからリリースをし、欧州を中心にLive活動も積極的に展開している。

https://www.fabriclondon.com/artist/view/peter-pixzel

https://soundcloud.com/peterpixzel

https://www.fabriclondon.com/artist/view/peter-pixzel

04
THU

AFFINITY featuring Dosem -HOUSTRIKE JAPAN TOUR-
“Beyond the deep dance music”

[ Progressive House. Techno and any dancemusic. ]

□TBA□ADV:3000.DOOR:3500.

GUEST DJ:
DOSEM (HOUSTRIKE/SUARA/Tool Room,from Spain)
DJ: masa8 (AFFINITY/Mystic) YU-I (AFFINITY/ORBIT)
MANABU. INOUE. Benzo3.

VJ: Katsumaki
Laser: masa8 (AFFINITY/Mystic)

Lounge Floor DJ:
AKISS. M4S4T0. yasu.
MAITO. SHOGO. TETSUWO.

Flyer Design: LiGHTEN(Mystic)

AFFINIY第二回目の開催!
2017年よりProgressive House,Technoを軸に、音楽と人とがより近くなれる事を目指し日本各地で活動するmasa8とYU-Iがスタートした”AFFINITY”第二回は名古屋屈指のサウンドシステムと遊び場的信頼を誇るCLUB MAGOで開催!今回はスケールアップし、その明るい人柄から”カタルーニャの太陽”とも称される「DOSEM」を招聘します。幾度に渡る来日公演によりここ日本でも爆発的にファンを増やしている中、ワールドワイドに活動しSONAR FESTIVAL, ULTRA MUSIC FESTIVAL , EDCなどへの出演や、BeatportのTechno Best 5 Artistにもノミネートされるなど実力は実績が証明している。2016年には自身の音楽性の本質を”より自由”に体現すべく、レーベル”HOUSTRIKE”をスタート。レーベルの価値観をここ名古屋にDOSEM自らプレゼンテーションする様は必見!華やかなGolden Weekを音楽と人々の熱狂で彩ります。

“What’s AFFINIY”
Affinity=親和性、Progressive House,Technoを軸に、DJ達が音と人の”親和性”を強く意識し、パーティーの中で音楽、人、空間、そして”意識”が共鳴し高まっていく。そんな体験を音楽によって叶えられるパーティーです。様々要素が高度に交わり、馴染んでいく…そんな音楽の旅へ今夜出かけましょう。

DOSEM -HOUSTRIKE/SUARA/Tool Room,from Spain-
Marc Dosemはスペインのダンスミュージックシーンにおいて、新たに出現したビッグアーティストである。
Girona (Catalonia)に生まれ、彼の音楽的な才能や将来性はすぐに芽を出し、地元だけでは留まらなくなった。
2008年にエレクトリックミュージックのkeyとなるアーティスト、Joris VoornやTechnasiaを有名にした、
香港の国際的テクノレーベルのアイコン、SINOと独占契約をした。SINOより発信された、クラブヒットの’Silent Drop’ (2009)や、すでにリリースされている’Beach Kisses’ (Neue Larmklassiker 2008 と Green 2009)は世界的なヒットとなっている。2011年には、”Parallel”をリリースし、Christian SmithのレーベルであるTRONICよりデビューアルバムと”Origin” EPもリリースした。この両方のリリースはすぐにチャートのトップをとり、様々なジャンルのDJより支持を得て、雑誌等よりアワードを受賞した。留まるところを知らないDosemのキャリアアップ、彼の熱いパフォーマンスは世界中の主要パーティやクラブで名を轟かせている。そのパフォーマンスは、予測できないが欲しいところで必ず爆発する爆弾のようである。Techno, House, Electro…など彼を魅了するものは全てのダンスミュージックであり、彼の交差する音楽性を引き出すツールとなっている。それらは彼に圧倒的で間違いないメロディーを作曲させ、ステージでは光とエネルギーを融合させた近未来的な旅へと踊り続けたいクラバー達を魅了する。

04
THU

CLUB BANANA LEAF@live&lounge vio

[ Dance music. ]

□6:30PM〜□ADV:1800. DOOR: 2500.

LIVE: BAWA. The brooch.
FOOD: cafe PAHANA(SriLankan)

BAWA
Soul,HIPHOPなどのブラックミュージックと、J-popを融合させた名古屋発女性ヴォーカルネオソウルバンドthebrooch。Vo.Gt.Ba.Sax.Key.Dr.Perの最大7人編成の豊かなサウンドがアーバンな世界観を作り出す。

the brooch
Tenor sax嘉成和門を中心に2014年に結成されたインストゥルメンタルバンド。重厚なリズムセクションを土台にキーボードやギターが豊かな彩りを添え、怒涛の4管が吹き荒れる中追い求めるのはエスニシティと都会的なニュアンスを織り交ぜた新感覚のダンスミュージック。

05
FRI

OTONO feat Surgeon -Dynamic Tension/UK-

[ TECHNO and any dance music. ]

□TBA□ADV&W/F:2500.DOOR:3000.

Guest: Surgeon -live set/Dynamic Tension/UK-

DJ: YU NAKAGAMI. KARIURA. YUTA.

LOUNGE ROOM-
DJ: Gate -live- (ambient set)
Macha. PePe. Mayaruma. NAIKI.

Surgeon -Dynamic Tension/UK-
1995年に今では名盤となった”Surgeon EP”で、テクノシーンに衝撃的にデビュー。DOWNWORDSからの初期作品は、当時のテクノ通達を興奮させ、デイブ・クラークのリミックス、ジェフ・ミルズの”Live At the Liquid Rooms CD”での起用を通して、彼の名は更に知られる所となった。その後、DOWNWORDSから出された”Pet 2000EP”、そしてレーベルの仲間であるREGISらとのリリースが、バーミンガムの存在をテクノ界の中で不動なものにしていった。そしてトレゾアからの最初のアルバムリリースである”Basictonalvocabulary”で頭角を現す。後に自身のレーベル”Dynamic Tension”と”Counterbalance”を設立。当時のサージョンが魅了されていた実験と様々なインダストリアルミュージックとミュージック・コンクリートの影響は、リリースの度にはっきりしたものになっていく。近年のサージョンのセットは最新のハードウェアーとソフトウェアーを駆使したDJテクノロジーで、DJセットとライブパフォーマンスを融合させていることが特徴である。

06
SAT

What A Great Techno!!! Jumbomax Peta

[ TECHNO and any dance music. ]

□08~□ADV&W/F:3000.DOOR:3500.

Guest DJ: Takkyu Ishino 石野卓球 (電気Groove)
DJ: NAKAHARA (freestyleonline.net)
RIOT girls (SAMMY the RIOT. Yoshim RIOT. Fujiwa RIOT)

Second Floor-新栄エスパニョール-
Guest DJ: Chris Ollier (Dope jams)
DJ: Footstamp. 康. K. Hanzo
And MC P.I.G

3rd Gallery
DJ: TATSUKI. YAWA. TAKOYAKI and more

Takkyu Ishino 石野卓球 -電気Groove-
1989年にピエール瀧らと”電気グルーヴ”を結成。1995年には初のソロアルバム『DOVE LOVES DUB』をリリース、この頃から本格的にDJとしての活動もスタートする。1997年からはヨーロッパを中心とした海外での活動も積極的に行い始め、1998年にはベルリンで行われる世界最大のテクノ・フェスティバル”Love Parade”のFinal Gatheringで150万人の前でプレイした。1999年から2013年までは1万人以上を集める日本最大の大型屋内レイヴ”WIRE”を主宰し、精力的に海外のDJ/アーティストを日本に紹介している。2012年7月には1999年より2011年までにWIRE COMPILATIONに提供した楽曲を集めたDisc1と未発表音源などをコンパイルしたDisc2との2枚組『WIRE TRAX 1999-2012』をリリース。2015年12月には、New Orderのニュー・アルバム『Music Complete』からのシングルカット曲『Tutti Frutti』のリミックスを日本人で唯一担当した。そして2016年8月、前作から6年振りとなるオリジナルソロ作品『LUNATIQUE』をリリース。 現在、DJ/プロデューサー、リミキサーとして多彩な活動をおこなっている。

13
SAT

MODS MAYDAY NAGOYA 2017@live&lounge vio

[ MODS. ]

□8PM〜□ADV: 4000. DOOR: 4500.(入場時1DRINK代別途¥500必要)

LIVE: THE GENO (Tokyo) 中村ジョー with WACKDOOR MEN (Tokyo)
THE ABSOLUDE (Nagoya) THE RICOTTES (Tokyo)
SARM (Osaka) THE ■S (Nagoya) THE HOURRAH (Nagoya)

GUEST DJ:
黒田マナブ (Mods Mayday Japan / Tokyo)
CHIKUSA(Osaka Mods Mayday / Osaka) REGGAE OLDIES (Nagoya)

DJ: TAKU (Dance Craze!) KAZUNARI (Maximum R&B)
TAKEDA (60′s Trip Night) GUTTI (60′s Trip Night)
CADILLAC (60′s Trip Night)

SHOP:
BUBBLE and SQUEAK VINTAGE CLOTHING
RUDENESS
BERMONDSEY CAFE

MODS MAYDAY NAGOYA
1990年に誕生して以来、今年で28回目を迎える『MODS MAYDAY NAGOYA』。
名古屋エリアの60sシーンで活動するバンドとDJに加え、全国各地からもシーンで活躍しているゲストを迎えての開催となる、まさに名古屋の全てのMODSや60sフリーク、ヴィンテージ・ミュージックファンに向けたスペシャルな祭典である。今年は7バンド+9DJs、例年に違わない豪華な出演者が集結する! LIVE ACTは東京から3バンドが登場。THE GENO、中村ジョー with WACKDOOR MEN、THE RICOTTESと東京60sシーンで活躍する錚々たるバンドが揃う。大阪からはブラックミュージックをルーツとするシンガー SARMがやってくる。 そして名古屋からはTHE ABSOLUDE、THE ■S、THE HOURRAHの3バンドが出演。R&B、BEAT、GIRL GROUP、SKA、JAZZなど幅広いラインナップが実現した。次にDJ陣。今年、東京・大阪MODS MAYDAYのオーガナイザーが名古屋で並び立つ。日本のMODシーンのFACEであり「MODS MAYDAY JAPAN」のオーガナイザー 黒田マナブ、「OSAKA MODS MAYDAY」のオーガナイザー CHIKUSAが出演。 そして名古屋「REGGAE OLDIES」のRICKY & NUTTY TOMMY、主催メンバーを合わせて総勢9人によるDJプレイとなる。 SHOPは3店舗が出店決定。昨年に引き続き名古屋のBUBBLE and SQUEAK VINTAGE CLOTHING、初出店のルードボーイご用達ショップ RUDENESS、更にBERMONDSEY CAFEがパイ&マッシュを提供する。 『MODS MAYDAY NAGOYA』開演前に行われるヴィンテージスクーターによるパレード「SCOOTER RUN」。今年も名古屋MODの有志たちによる運営で栄オアシス21南西角からSTARTして名古屋の街を駆け抜ける。 この日のためにオーダーしたスーツでキメたモッドや60sなワンピースで着飾るモデット、クールなステップで盛り上がるフロア、きらびやかなヴェスパやランブレッタ……。
60年代、世界で最も熱かったロンドンがここ名古屋に甦る。

19
FRI

ポータラルカ

[ TECHNO and any dance music. ]

□08PM〜□ADV: 2500. DOOR: 3000.

LIVE: KURO (BOSHKE BEATS / PSAYRISTOR TRAX)
DJ: ALEX (BOSHKE BEATS)
TEZ (BOSHKE BEATS / RAFT TOKYO)
YUTA (Matsuri Digital/Liquid Drop Groove)
GYRO (ポータラルカ) ABE (ポータラルカ / LTS)

ALEX TOLSTEY -Boshke Beats-
テクノとトランス、エレクトロニック・ハウス、エレクトロなどダンスミュージックに重点を置くキャリアは 20 年以上、James Monro や X-Dream、The Delta、Tomo Hachiga、K.U.R.O など がリリースしているレーベル、Boshke Beats Records のプロデューサーであり、DJ として世界を渡り歩く Alex Boshke こと Alex Tolstey。テクノを軸に幅広い選曲の DJ セットは世界中のフロアで絶賛されている。

19
FRI

Raw Stylez Presents Germanium@live&lounge vio

[ HOUSE. TECHNO and any dance music. ]

□10PM〜□DOOR: 2000/1D

LIVE: Moss (MANTIS) RAMZA.
DJ: Tanukeep (RICE) YAMICA (ebonite) Shintaro (omnivorez)
xxKOOGxx (Raw Stylez, VINYL) TAIHEI (Gold Experience, Raw Stylez)

MOSS
MANTIS (BlackSmoker) Yarn:Moor (noble)のプロデューサー。ミックス、マスタリングスタジオRemold Works運営。2017よりテクノパーティーBanterを始動する。

20
SAT

WIDE LOOP 17th anniversary

[ HOUSE. and any dance music. ]

□TBA □ADV:2000/1D.DOOR:2500/1D.

Guest Dj: G.O.N (speakeasy)
Kono (loose lounge,HOUSEindaHOUSE)
DJ: shigeta. ayapam D.J.

2nd room
DJ: Ryuma (illcom+) Ohtake (vinyl) RAKESHI (Big City Lover)

G.O.N. -3on3,speakeasy-
1972年水瓶座生まれのB型。90年代初頭、伝説のYoyogi friendship project@代々木公園でのDJを起点に都内大小のパーティーで縦横無尽の活躍を見せるも突如のミッシング。流浪の期間を経たのち00年代後半に待望 のカムバックを果たし、以降は渋谷青山界隈の東京ローカルシーンを中心に目を瞠る存在感を発揮する。その日本人離れした体格から繰り出されるフィジカルか つエモーショナルなプレイでフロアをダイナミックに躍動させる稀有な盤人。彼のDJロード第2章は傷だらけだからこそ愛すべき味わいに満ちている。

20
SAT

LIVE&LOUNGE VIO PRESENTS
HAYASSEN BIRTHDAY BIG TING@live&lounge vio

[ REGGAE. ]

□10PM〜□ADV:2000. DOOR:3000.

SOUND:
DYNASTY. REAL FOUNDATION. RISE O MISSION.
SELECTOR B.K. SOLID GROUND

MUSIC BY:
TOTALIZE with FREQUENCY FRENZY SOUNDSYSTEM

EARLY WARM:
BLOOD BEAT. RAD SAMON. YUSUKE from COTTAGE.

FOOD: COTTAGE. UNDERGLOW DELI.
SHOP: COUNTRY ACT. GULLY STUDIO. REVEL ROYAL.
RECORD SHOP: LION MUSIC DEN.
STAMINA RECORDS. SUPER STAR RECORDS. VINYL CYCLE RECORDS.

HAYASSEN BIRTHDAY BIG TING
5月20日(土) LIVE&LOUNGE VIO PRESENTS ”HAYASSEN BIRTHDAY BIG TING” を開催!! FREQUENCY FRENZY SOUNDSYSTEM導入!! 極上のレゲエミュージックをお届けします。乞うご期待!!

TOTALIZE
SOUND TOTALIZEとはHAYASSEN,JABBA,O-GEN,MANAVIN そしてWIREMANNの5名で構成される音楽集団。 REGGAE SOUND CREWとして認知されてるがジャメーカンミュージックに捉われない幅広いプレイスタイルは日本でも類を見ない。

26
FRI

BIG CRUNCH

[ TECHNO and any dance music. ]

□08PM〜□ADV:2500.DOOR:3500. □遠方割:3000.

GUEST: 迷彩. A.Mochi (Figure)

BIG CRUNCH DJ:
ガスター点. Ryusuke. フジタタダシ. KOOL BIZ.
多羅尾. Shingohatade. Halka. 隼雄. YUTAKA.
狐鳥. ☆Takeshi. SPECIAL K. alisten. K2.

VJ: asaZy
FOOD: さす屋

BIG CRUNCH
BIG CRUNCHらしい豪華GUESTを迎え金曜日の夜に開催!気になるGUEST LINE UPは、名古屋初GIGとなるテクノダンスパフォーマンスチームの迷彩、重戦車・サブベースマスターと称される重厚なライブアクトのA.mochiの出演が決定!Techno Friday NightのBIG CRUNCHを体感せよ!!

A.Mochi -Figure-
東京を拠点に活動するテクノ・プロデューサー。重戦車、サブベースマスターと称されるその楽曲は日本国内より海外(特にヨーロッパ)のテクノシーンでの知名度、評価が高い。Len FakiのFigure、Figure SPCをはじめ、Luke SlaterのMote-Evolver、Francois K.のWaveTec、Sven VathのCocoon、Christian SmithのTronic、System7のA-Wave、DubfireのSCI+TECやBoysNoizeといった著名レーベルよりリミックスも含め20枚以上の12インチをリリースしており、これまで世界最大のエレクトロニック・ミュージック・ストアBeatportのテクノシングルチャートTop10に5曲ランクインさせている。2010年にはファーストアルバムPrimordial-Soup/Figureをリリースし、2013年には不朽のテクノ・クラシックDave ClarkeのWisdom To The Wise(Red2)/Boys Noizeのリミックスを手掛けた他、Chris LiebingのレーベルCLRのポッドキャストにミックスを提供するなど高い注目を集めている。石野卓球がオーガナイズするWIREや日本各地のクラブ、フェスティバルへの出演に加え、2010年にはベルリンのBerghainやフランス、スイス等へ初のヨーロッパツアーを行う。翌年以降もオランダのSolar Weekend FestivalやBerghainに2度目の出演をした他、ロサンゼルス、北京、台湾のアジアなど海外での活動も精力的に行っている。またテクノフィールド以外では狂言とプロジェクションマッピングの融合イベントにて音楽・音響効果制作、プロデュースを行っている。その重量級テクノで、世界のシーンを揺さぶることができる日本人プロデューサー、A.Mochi。その名を覚えておいて、損はないだろう。

27
SAT

BLACK CREAM
feat Paolo Di Nola -ex_HOMOPATIK/Berlin-

[ HOUSE and any dance music. ]

□TBA □ADV:2500/1D.DOOR:3000/1D.

GUEST DJ: Paolo Di Nola (ex HOMOPATIK /Berlin)
DJ: APOLLO (eleven) SE-1 (eleven) HATTORI (PIGEON RECORDS )

ベルリンの人気アングラパーティーで活躍するイタリアンPaolo Di Nolaが初来日!!Never be the sameをキーワードに、Black Creamとコラボレーション!本場NYHouse /Garegeを体験し、イタリアへ持ち帰り、現在はナイトライフの最先端の街ベルリンにて活躍する現行DJをこの機会に是非!!

Paolo Di Nola -ex HOMOPATIK /Berlin-
イタリア出身の彼は80年代クラブのニュースタンダードだと評価が高まるニューヨークDISCO, HOUSEサウンドを、ローマのダンスフロアーにインポートした第一人者的存在でもある。時を経て本場ニューヨークに渡りDJ/プロデユーサーとし てキャリアを重ね、再びヨーロッパへと戻る。2007年ベルリンを拠点に自身のレーベル “PANACUSTICA”をスタートさせ、Cosmic Metal Mother名義でリリース、Larry Heard、Prins Thomasなど作品をコラボレート。DJとしては、ベルリンにてMr.Ties率いたのレジデントを経て、, などハウスだけに留まらないカルト・パーティーにて人気を誇っている!!