HOMEMONTHLY SCHEDULEPICK UP PARTYREGULAR PARTYMUSIC CAHRTDJ PROFILESALSACOVER ARTINFORMATION
CLUB MAGO
PICKUP PARTY
2017.07.JULY.PICK UP PARTY
01
SAT

Margarita

[ HOUSE. TECHNO and any dance music. ]

□TBA□AVD: 2500/1D. DOOR: 3000/1D

DJ: AKIRAHAWKS -House Mannequin / from Berlin-
HATTORI -PIGEON RECORDS-
TANAKA DISCO -CISCO- yuri -NSMR manos-

Akirahawks -House Mannequin/from Berlin-
エレクトロニック・ミュージックのメッカであるヨーロッパへと定住、ベルリンを拠点とし、著名なTresorやBerghain/Lab.oratoryといったインターナショナルなクラブ、そしてRon Hardyの再来とも称されベルリン地下を騒がせたシーンのカリスマMr. Ties主催の名物ナイトHomopatikといったローカル御用達のパーティーなど、様々なオーディエンスを巻き込みながら、スペーシーでファンキーなディスコ/ハウスのデカダンスを繰り広げる。またリエディットとしてもユニークな、相棒Shingo Suwaとのレーベル〈House Mannequin〉では、自身のDJプレイにも反映されるロウでオルタナティブなディスコ/ハウスをリリース、その中にはTakimi Mannequinとして瀧見憲司も参加。プロデューサーとしてはShingo SuwaとのプロジェクトLove Comedyでのリリースを始め、Mr.Tiesとのコラボレーションで〈Homopatik〉からもリリースを果たしている。ロンドン、パリ、ロッテルダム、東京など、国際的な活動を見せるも、ホームのベルリンでは普段はラインナップに載らないローカル・パーティーに出没する隠れた名DJとして知られている。

07
FRI

Fusion -Dancing is Believing-

[ HOUSE and ant dancemusic. ]

□TBA□ADV:1500/1D. DOOR:2000/1D.

DJ: YD. NODA.
FOOD: LITTLE BITCH KITCHEN.
COFFEE: WitCAFE.
SPACE: RYOSUKE MORI.
PHOTO: MIYUKI KATO.

Fusion
元ピジョンレコード勤務のDJ YD、元クラブドミナのNODAが、カテゴリー不要、ジャンルレスにお送りするダンスミュージックパーティーFusion!2人とも名古屋の重要スポットで長く働いていたからか、そのセンス、ユーモアは抜群ですよ。今回は、名古屋の大人気ショップで、彼らの古くからの友人がFOOD&COFFEEで参加と、こちらも見逃せません。音楽とFOOD、そしてアレンジを加える空間を是非お楽しみに下さい!

08
SAT

SMASH feat DJ SO -Mindgames/LABYRINTH-

[ HOUSE. TECHNO and any dancemusic. ]

□08□ADV:2000. DOOR:2500.

GUEST DJ: SO (Mindgames / LABYRINTH / TRI-BUTE)
DJ: DJ OGAWA (NITELIST MUSIC)
2nd room DJ: Aida. toru. Frontier. maacy.

SO -Mindgames / LABYRINTH-
国内屈指の野外フェスティバル”THE LABYRINTH”のレジデントDJ。表舞台に立つと共に、裏方としてのハードワークにも携わる中、長年に渡りアンダーグランドを貫いてきた頑固一徹な姿勢が熱狂的なファンを増やし、今やLABYRINTHの評判は世界中に知れ渡っている。また”TRI-BUTE”のオーガナイザー兼レジデントDJでもあり、ageHa、WOMB等の国内主要クラブはもとより、六本木ヒルズ・マドラウンジ、野外、ビーチなど、ロケーションにこだわった音楽体験を届けるべく、次々とユニークな企画を打ち出し続けて来た。東京を拠点としつつ、ドイツ、スイス、ポルトガル、スウェーデン、スペイン、オーストラリア等、海外においても多くのDJ経験を経て、15年間積んで来たキャリアは実に多岐に渡る。エモーショナルな選曲と安定したミックス、スムーズな展開力。磨き上げてきたSOの個性をダンスフロアで体感して欲しい。

09
SUN

SCALD 

[ TECHNO and any dancemusic. ]

□2PM□ADV: 3500. DOOR: 4500. 遠方当日券: 3500.

GUEST DJ:
REMO-CON. DJ Shimamura with MC STONE.
kors k. KAN TAKAHIKO with Numb’n'dub.
RoughSketch. MASAYOSHI IIMORI. GRINDCIRCUS.
LINE UP DJ:
TooL. Philce. CaZ. RedOgre. Ennnn. BADMYTH.
VJ:asaZy

2nd FLOOR
GUEST DJ: Morphonics a.k.a. 紙袋
LINEUP DJ: Dai$uke. YAKU. LEX. puyo7. rimuten.
HiRo. ALTHES. M4S43. HISASHIz.
VJ: VJ Akinashi. 76.

Gallery FLOOR
DJ: saw_freak & Misaki. Rio. U-SK. わぴこ. ch@ken.
MutsuKi. Shingohatade. 多羅尾. Cyber SHINO.
and more…
FOOD:ガスター点 / さす屋

SCALD 
年に一度の名古屋ハードサウンドパーティ「SCALD」。もはや説明不要の日本を代表するHARD GROOVEやHARDCORE RAVEシーンを牽引するアーティストが総出演!REMO-CON、DJ Shimamura with MC STONE、kors k、KAN TAKAHIKO with Numb’n'dub、Morphonics a.k.a. 紙袋が今年もSCALDに登場!さらにHARDCORE TECHNOシーンで活躍中のRoughSketch、GRINDCIRCUSに、TRAPシーンで注目のMASAYOSHI IIMORIが出演のほか、精鋭で個性あるDJが全国から集結する!東海地区最高峰のサウンドシステムのclub MAGOで年に一度限りのハードサウンドを肌に焼き付けよう!!

14
FRI

audi.
feat KENNY DOPE -MAW/KAY-DEE RECORDS/DOPEWAX-

[ HOUSE. HIP HOP and any dance music. ]

□08□ADV: 3000YEN. DOOR: 3500YEN.

GUEST DJ: KENNY DOPE -MAW/KAY-DEE RECORDS / DOPEWAX-
DJ: SONIC WEAPON. JAGUAR P.
LIGHTING: KATOKEN.

KENNY DOPE
-MAW/KAY-DEE RECORDS / DOPEWAX-

グラミー賞に3度のノミネートされたKENNY DOPE(ケニー・ドープ)は、ダンス・ミュージック世代に最も数多くの作品を残し続けているプロデューサー/DJの一人だ。ビートへの豊富な知識を持つことでも知られ、ハウス、ヒップホップ、ラテン、ジャズ、ソウル、ブロークン・ビーツを取り入れた類を見なかったスタイルで、ケニーは数知れないマスターピースを世に送り出している。1970年、ケニー・ドープはブルックリンのサンセット・パーク地区に育ち、80年代初め頃から地元のストリート・パーティーで、ハマりだしたばかりのヒップホップ・ビーツをプレイしている。既に当時から、マスターズ・アット・ワーク (Masters At Work)の名義で、ケニーは地元のパーティーをオーガナイズしており、そのパーティーにはトッド・テリー(Todd Terry)も参加していた。1990年、トッド、ケニーの二人が”リル”ルイ・ヴェガと出会い、直ぐに気が合った3人は、マスターズ・アット・ワークの名にふさわしく、彼らの共同制作を開始した。MAWサウンドがクラブで浸透し、アーティストやレーベルの間で騒がれるようになり、ビヨーク、R. ケリー、ジャネット・ジャクソン、ダフト・パンク、ルーサー・ヴァンドロス、ビービー・ワイナンズ、ジョージ・ベンソンといったビッグ・ネーム達のプロダクションやリミックスを手がけていく。ケニー・ドープのソロ・アーティストとしての飛躍的進展は、1995年にレコーディングされたアルバム『Bucketheads』たっだ。特にこのアルバムで異彩を放ったトラック「The Bomb!」にはケニーの「素材を生かしながらカッコ良く、誰もがノレる」曲を作りたかったという熱意が込められていた。シカゴの「Street Player」の走るドラムと高音域のサウンドをサンプリングしたこの曲は、アンダーグランドでセンセーショナルなヒットとなり、直ぐさまヨーロッパ・ポップ・チャートに乱入、ケニーのメジャー初となる大ヒットとなった。 『Bucketheads』の成功後、ルイとのコラボーレション・プロジェクトに集中するため、ケニーはソロでの活動を休止した。運命的に重要な転機ともなったアルバム『Nuyorican Soul』には、紛れもなくケニーのクリエイティブなインプリンツが作品全てに刻み込まれている。この作品全ての裏側にケニーの存在があった。『Nuyorican Soul』のリリースにより、アメリカでも最も重要なプロデューサーの一人となったことが分かる。ここ10年間、ケニーは無数のトラックをリリースと何百ものシングルのリミックスを手がけながら、世界を股にかけDJプレイをこなしてきた。プロダクション・ワークでは、マルチプルなミュージック・スタイルをブレンドしながら、優れたビート・プログラミングで際だった才能で、究極のミックスを見せつけている。また長年積み重ねられたDJとしてのケニーへの評価は並外れに高く、ハウス、ジャズ、ファンク、ソウル、そしてヒップホップの音楽的メルティング・ポットを、カラフルに、エネルギッシュに、またソウルフルに聴かせてきた。プロダクションとツアーをフルタイムでこなす傍ら、ケニーはスコットランドのファンクDJのレジェンド、ケブ・ダージと共にKay-Deeレコードを設立。Kay-Deeはレアなクラシック・ファンク・レコーズを再発するレーベルで、「紹介されるべき、素晴らしい音楽がまだまだ眠っている。」とケニーは語る。またKay-Deeでは新人バンドも紹介していく予定だ。近年、ケニーのアーバン・ミュージックでの活躍も著しい。2010年初めにリリースされたR&Bシンガー、ラヒーム・ディヴォーンの『Love & War Masterpiece』(Jive)では、16曲中11曲のプロデュースを手がけ、自身のプロダクションにおいて新たな境地を開いた。ミキシングボードの前でも、クラブでのDJプレイにしても、再発するクラシックスを探すにせよ、ビート・マスター、ケニー・ドープは”マスター・アット・ワーク(職人)”として常に輝き続けてる。
https://www.facebook.com/Kennydopemusic
http://www.kaydeerecords.com

15
SAT

JUMBOMAX DX feat KEN ISHII -70Drums-

[ TECHNO and any dance music. ]

□08□ADV: 3000/1D. DOOR: 3500/1D.

GUEST DJ: KEN ISHII -70Drums-
DJ: NAKAHARA (JUMBOMAX)
YOSHIMURA (JUMBOMAX)

“新栄エスパニョール”
Footstamp. 康. Lax. Hanzo.
MC P.I.G.

second floor-good times-
DJ: TATSUKI. Bill Pill. miu. OKASHI. TAKOYAKI.

KEN ISHII -70Drums-
アーティスト、DJ、プロデューサー、リミキサーとして幅広く活動し、1年の半分近い時間をヨーロッパ、アジア、北/南アメリカ、オセアニア等、海外でのDJで過ごす。’93年、ベルギーのテクノレーベル「R & S Records」からデビュー。イギリス音楽誌「NME」のテクノチャートでNo.1を獲得、その名を世界に知らしめる。’95年、アルバム「Jelly Tones」(R&S/SONY)をリリースし、大ヒットを記録。’96年には「Jelly Tones」 からのシングル「Extra」のビデオクリップ(映画「AKIRA」の作画監督/森本晃司監督作品)が、イギリスの “MTV DANCE VIDEO OF THE YEAR” を受賞。世界に通用する音作りができる日本人のパイオニア的存在として、ワールドワイドで高い評価を得る。

’98年、長野オリンピック・オフィシャル・オープニングテーマのインターナショナル版を作曲し、世界70カ国以上でオンエア。2000年アメリカのニュース週刊誌「Newsweek」で表紙を飾る。’04年、スペイン・イビサ島で開催のダンス・ミュージック界最高峰“DJ AWARDS”でBEST TECHNO DJを受賞し、名実共に世界一を獲得。’05年には「愛・地球博」で日本政府が主催する瀬戸日本館の音楽及び音響設計を担当。’10年東京都現代美術館で行われた「サイバーアーツジャパン」に出展した3Dインスタレーション作品への参加や、と東京ミッドタウンの館内BGMのミックスを2年間担当するなど、楽曲制作、DJに加え様々な活動を展開。翌年それらのインターナショナルな活動に、世界的通信社「ロイター」が注目し報道配信。全世界の新聞、雑誌、ウェブサイトなどで10億人が目にすることとなった。 そして新たに立ち上げたプロジェクト「Ken Ishii presents Metropolitan Harmonic Formulas」で菊地成孔、Emi Meyer、Jazztronik、Alex from Tokyo、Masaki Sakamotoらとコラボレーション、Mr. Fingers「Can You Feel It」、Soft House Company「A Little Piano…」をカバーし、他のアーティストや異ジャンルの音楽ともクロスオーバーするエレクトロニック・ミュージックを作り上げた。’13年は世界デビュー20周年を迎え、4月にドイツのトップ・レーベルSystematic Recordingsの主宰者マーク・ロンボイと共に初のコラボレーション・アルバム「Taiyo -2CD-」をリリース。’14年20周年時に撮影したドキュメンタリー「KI20- Ken Ishii on The Move」をYouTubeで配信。昨年はFlare名義でアルバム「Leaps」をリリース、「自由なテクノ」を奏でている。昨今は海外、国内問わず様々なレーベルから作品を発表し続け、今年もDJ、作品発表と世界をフィールドに精力的に活動していく。