HOMEMONTHLY SCHEDULEPICK UP PARTYREGULAR PARTYMUSIC CAHRTDJ PROFILESALSACOVER ARTINFORMATION
CLUB MAGO
PICKUP PARTY
2017.11. NOV. PICK UP PARTY
02
THU

What A Great TECHNO
Jumbomax one on one

[ TECHNO and any dance music. ]

□09□ADV&W/F:1500. DOOR:2000.

DJ: YO-C & NAKAHARA

SECOND FLOOR -Good Times-
DJ: miu. OKASHI. TAKOYAKI.

DJ YO-C
93年ロンドン<DATE FELLOW CLUB>でDJデビュー。帰国後、ロンドン仕込みのテクニックとアッパーかつファンキーなDJスタイルでクラブミュージック界にセンセーションを巻き起こした。そのDJテクニックは進化し続け、テクノ・ハウスはもとよりクラブミュージックのボーダーレスな新たな世界を造り出す。そして、DJプレイとスマイルでフロア中を笑顔で満たしていく。現在、「A.D.2800」@KATA Lounge・LiquidRoom恵比寿(不定期開催)等のレギュラーパーティーの他、日本各地でもゲストDJとして多数プレイ。また、元気ロケッツ「Star Surfer」のリミックスを手掛け、人気、実力共に誰もが認めるDJとして評価されている。

DJ NAKAHARA
宇宙犬とRAINBOW2000で良くも悪くも衝撃のデビューを果たした後は、TECHNOなのにDISCO、TECHNOなのにHARDHOUSE、TECHNOなのにTRANCE、TECHNOなうえ更にHARDACID/HARDGROOVEと流れ、
現在はぶっとい4つ打ちを軸にTECHNOもHOUSEも完全に飲み込んだ癖の強いDJを展開。現在はJUMBOMAX@MAGO HAUSTEK@ID、HONEYDIP/無制限@ABOUTなどのレギュラーパーティーを持ち、4つ打ち専門店freestyleonline.netを運営。過去相当数の音源数もリリース。奇跡の千鳥足、経続ける男、その他の部門一位の名古屋TECHNO番長!

03
FRI

OTONO with Dr.Rubinstein

[ TECHNO and any dance music. ]

□09 □ADV.W/F:2500. DOOR:3000.

GUEST DJ: Dr. Rubinstein
DJ: YU NAKAGAMI. TORU. KARIURA.

LOUNGE ROOM-
DJ: MACHA. OIKAZU. RASKA RHYTHM.
Goodies’ Boogie.

Dr. Rubinstein
Dr. Rubinstein 本名Marina Rubinstein。ロシア生まれイスラエル育ちのMarinaが初めてテクノに夢中になった場所はダンスフロアだった。彼女は故郷の一つであるテルアビブで自らを “Real Raver” だと宣言、幾度ものパーティーの日々を経験した後、「音楽さえ適切なものであれば、人は何にも心を捉われることなく踊り続けることができる」という気づきを得て、人生を捧げるものはこれだと確信するに至る。 彼女はDJを心から愛していながら、同時にDJブースにいる時でも、心は常にダンスフロアの中にあり、スペシャルなフィーリングをダンサーたちとシェアすることにひたすら注力する。アシッドサウンドに対する屈託のない愛情と陽気な性格、そして何より彼女自身の冒険的な精神こそがRubinsteinの魅力であり、それらが結実したものが彼女を他には見られない特別なDJたらしめている。Dr. Rubinsteinはここ数年、ベルリンを拠点に://about blankなどのクラブでレギュラーDJとして活動していたが、2016年6月にリリースしたRA Podcastが話題となり、Sonar 2017へのMarcel DettmannとのB2Bセットでの競演、Oval Space Londonでのレジデント就任、Dekmantel 2017 Amsterdamへの出演などを経て、世界各地のさまざまな現場へと、活躍の場を確実に広げている。

04
SAT

ELEVATION

[ JAZZ. HOUSE and any dance music. ]

□09□ADV.W/F:2000. DOOR:2500.

Guest DJ: BRISA

DJ: 鈴木一彰. Ohtake (VINYL)

second floor DJs:
xxKOOGxx (Raw Stylez, VINYL)
beepay (Body To Body) UTSUNOMIYA.
Shou ino. (Buddy) miu (Ladybug)

Exhiaition: SAMPLING TERROR.

ELEVATION
Jazzy Sport、Nite Grooves、Irma、Sonar Kollektiv等、世界各国のレーベルよりリリースを重ね、Gilles Peterson、Jazzanova、Danny Krivit、Joe Claussell等がプレイリストにその名を挙げるプロデューサー、BRISA。6年振りとなるMAGOでのプレイが実現!共演陣に名古屋の夜を賑わせるパーティーのDJ/オーガナイザーが一挙集結。ギャラリーでは気鋭のアート集団SAMPLING TERRORによるエキシビジョンも開催。

BRISA
これまで日本、イギリス、アメリカ、ドイツ、フランス、イタリアなど各国より楽曲をリリース。それらはJazzanova、Danny Krivit、Joe Claussell、DJ Yellow、Tom Middleton、Gilles Peterson、Leftoなどのプレイリストにラインナップされた。デビューアルバム’Elevation Perception’では、Monday Michiru、Paul Randolph他豪華ゲストを迎えGeneon Entertainmentよりメジャーデビュー。2012年日本最大級のJazz/Crossoverフェス「Tokyo Crossover/Jazz Festival」に出演。2013年にはJazzy Sport、Reverse、Best Of Recordsなどよりリリース。プロモの段階からLefto、Simbad、Kev Beadle、Kyoto Jazz Massive、Toshio Matsuura、cosmopolyphonic、block.fm等々、多方面よりサポートを得る。2014年5月にBandcampよりリリースした Rollin’ / GIMMELUV は、すぐさまGilles PetersonにピックアップされBBC Radio6にて連続オンエア。続くシングル”Perfect World / Speak To Me”もLefto、Eddy Ramich、Mad Mats、Lay-Far等多くのサポートを得、続く”The Bell”もGilles Petersonがサポート。2015年10月にRambling Recordsが保有するカタログ音源を使用したキャリア初となるDJ MIX “EVOKE 01″デジタルリリース。2016年8月にはニューアルバム”Wide Awake”をbandcampリリース。2017年にリリースしたAroop Roy”Talkin Bout Life”のリミックスはJoey Negro始め多くのDJがサポート、ロングランヒットとなった。現在は福岡を拠点とし、レギュラーパーティ”NXTDOOR(東京)”、”Rollin’(福岡)’”他各地よりDJ招聘され、またラジオプログラムでの選曲、商業施設へのサウンドプロデュース、CM音楽、アレンジなども多く手がけ、多分野にわたる活動をみせている。エッジと音楽的深度を共存させ点と点を紡ぐフリーフォームなスタイルは国内外からの評価も高い。

https://brisa.bandcamp.com

https://soundcloud.com/brisamusic

https://www.mixcloud.com/brisamusic/

10
FRI

Dance Teria

[ HOUSE and any dance music. ]

□TBA□ADV.W/F:1500. DOOR:2000.

MUSIC by
HATTORI -black cream- Senba -Garakuta Disco- Wps -living west- Michi -Universe-

Dance performance: Universe.

Dance Teria
club Mago秘蔵の劇場型スピーカー:Klipschornフル活用企画第2段!!!ほっこり系ハウスパーティー Dance Teria!!! DJは、Magoでは”black cream”でお馴染みの”DJ hattori”と”Garakuta Disco”でJBsあたりを騒がすハウスダンサーのボス”Senba”、サウンドシステム係の”wps”と、主催者”Michi”がトータルサポート!!! and guess what!!! 今回は名古屋ハウスダンス界の最重鎮”Universe”のダンスパフォーマンスの超特典付き!!! てことでサウンドシステムも当然パワーアップ!!! あはたの耳を決して”キーン”とはさせませぬよ。

11
SAT

BLACK CREAM

[ HOUSE. TECHNO and any dancemusic. ]

□08□ADV:2500/1D. DOOR:2500.

DJ: APOLLO (eleven) SE-1 (eleven)
HATTORI(pigeon records)

BLACK CREAM
ジャンルレスに、ボーダレスに、3DJ×3Hours、ありそうでなかった三位一体型パーティ!それが「black cream」!!

Apollo -black cream/eleven-
日本中のコアなパーティーピープルを射止めた三重発eleven.をオーガナイズした経歴からも裏付けられるヴィジョンを創造する感覚的表現がDJスタイルにも貫かれており、ハード&ストイックな狂気に満ちた瞬間や、メロウ&ビターな悦楽までをも感じさせる空間を混在させたまさにワン・アンド・オンリーDJ!!名古屋Club MagoでのレギュラーパーティBlackcreamをはじめ、 全国各地のダンスフロアーをバースト&ウェットさせている!!

SE-1 -black cream-
三重のインディペンデントHARD CORE PARTY -eleven-のDJ&アートワーク担当。国内外問わず様々なDJ/バンド/アーティストと競演する名古屋の重要ベテランDJ。あらゆるジャンルを横断する空間的でDEEPなスタイルは唯一無二。マーゴマンスリーのカバーでも独創的なアートを表現し続けている。

Hattori -black cream/pigeon records-
Pigeon Recordsバイヤーとして働く傍ら、Deep House PartyやCult Disco Partyで15年以上前からDJ活動を開始し、近年はTechno、Minimal Houseなどのパーティでも数多くプレイ!!Deep House DJとして培ったLong Mixや音楽の幅を武器としたFunkyでSoulfulな選曲を持ち味とする。最近ではApollo(eleven.)、Se-1(eleven.)と組んだパーティー《Black Cream》がオススメ。

17
FRI

PROTOCULTURE feat.Dominant Space in Nagoya

[ TRANCE and any dance music. ]

□09□ADV: 3000. DOOR: 3500.

Special retro & New psy project set:
PROTOCULTURE (Shadow Chronicles/Armada Music)
Featuring DJ: Dominant Space(Otographic Music)

GUEST DJ: DJ MAT-TUN (NOYA RECORDS / SKY )
DJ: INOUE. Maacy. Kento Kumazaki.

-Lounge Floor-
DJ: GORI. Benzo3. IKU. Haruki. M.S.Y.

PROTOCULTURE -Shadow Chronicles/Armada Music-
3年振りにPROTOCULTUREが再び名古屋に登場!PsyTranceからEuroTranceまで近年様々スタイルで人を魅了してきた彼が、過去から現在までを紐解く”温故知新”なるセット、”Special Retro & New psy project set”と形容される特別なセットをここ名古屋で披露します。一世を風靡したモーニング系トランスは勿論、更に新名義”Shadow Chronicles”による新しいスタイルのPsy,Upliting Tranceまで贅沢に注ぎ込まれたセットはまさに”Back to the future”この機会を見逃すな!このパーティーに名古屋、東京よりフロアからの信頼が厚いDJ達が集結し、Techno〜PsyTranceを織り交ぜる強力なラインナップを構築! 11月17日はMAGOで過去、現在、未来全てを感じる熱狂の中へと飛び込みましょう!

17
FRI

INVADER LADUTORM Ⅲ Calmデビュー20周年Memorial Concert!
@lounge vio

[ HOUSE and any dance music. ]

□05□DOOR: 3000. 大学生学生証提示: 1500. 高校生以下無料.

鷲尾友公デザイン研究室 企画
-INVADER LADUTORM 3-

LIVE: Calm Moorage Electric & Acoustic Quartet
DJ: Wachall (HERBEST MOON from SAPPORO )

Calmデビュー20周年 Memorial Concert
Calmデビュー20周年記念メモリアルコンサート イン 名古屋。 スターティングメンバーは Live Calm – Moonage Electric & Acoustic Quartet. DJ Wachall HERBEST MOON 「11月17日を私にください。 〜インベーダーラダトーム、私たちを乗せて〜」

Carm
デビュー以来一貫して「Calm節」を貫く孤高の音楽家•選曲家。水で薄めるて広げるよりは、とにかく濃くエッセンスを集めることを優先し、製作も選曲活動も「耳障りの良さ」の奥に潜む「琴線のゆらめき」に触れることを一番の目標としている。一見回り道に見えるこの行動を、堂々とメインストリームの様に歩く姿勢をキープしながら2017年のデビュー20周年まで突っ走る予定。音楽に関わることであれば常に馬鹿真面目に取り組む、貪欲世代代表。

18
SAT

RICE

[ TECHNO and any dance music. ]

□TBA □ADV: 3000. DOOR: 3500. U-24: 2000.

GUEST DJ: DANIEL BELL -7th City / Logistic-
DJ: Tanukeep. G.

DANIEL BELL -7th City / Logistic-
彼が与えたテクノ/ハウスシーンへの影響は、かの Maurizio卿、Richie Hawtin博士も公言しているようにシーン内でも最大級のものだ。’Losing Control’(1994)はミニマルテクノ/ミニマルハウス史上最も重要なトラックの1つとして知られている。彼のDJセットには今最もカッティングエッジな音を操りながらも全体の構築・流れにはハウスミュージックの持つ最高のトリップ感がある。EU周辺から出てきているミニマルハウス/クリックハウスDJがよりテクノサイドな質感や流れでセットをまとめて来るのとは違い、同様のトラックを使用しながらも彼のDJから湧き出るグルーヴは間違いなく本流のハウスミュージックのそれだ。MIXテクニックに関しても、まさに非の打ち所が無いかたちで曲を紡いでいく。1曲1曲がスライドしていくように混ざっていき、常に ハウスの旅を途切れさせない独特のMIXには感動すら覚える。彼のDJを聴けば、今世界中で拡大を続けるミニマルハウス/クリックハウスといった音楽を表す単語に何故“ハウス”という言葉がついているかが理解できるであろう。

22
WED

DEEP VIBE -A/W 2017-

[ TECHNO and any dance music. ]

□TBA □ADV: 2000. DOOR: 2500.

Feat DJ: MATT STAR(Stardub / Mainrecords / Repeat Music/from Germany)
APOLLO(ELEVEN/Black Cream)

Live-Set: KULT Q. GOEMON.
DJ: PAPER aka Yasuto. Chie Nakajima(Intension/Tokyo)
VJ: YAmAmoto=YUichiRO

-Room2-
Takaaki Tsuchiya-live- Miyaka.
Junpei Yokoyama(sense9/Tokyo) Tessin. Haruki Itakura22.

DEEP VIBE
今年で11年目に突入したアンダーグランドテックパーティ「DEEP VIBE」が満を持して5月GW振りとなるA/W版を開催。ドイツより、2006年からCocoon 、International Freakshow等世界的なレーベルからリリースを重ね、テクノ系ディストリビューター「DBH」のメンバーでもあるMATT STARが登場!併せて今夏ピーターパンの森にてDJ NOBU等インターナショナルDJ達も出演し全国的に話題をさらった至高の伝説的野外パーティ「eleven」、Black Cream@magoよりDJ Apolloをフューチャー。また今夏、WetYourSelf!@fabric londonを含む欧州3ケ所で初ツアーを敢行し話題となったKult Qら含む、贅沢な計3組のliveSET、そして名古屋、東京の選りすぐりのDJらの参加が予定されている。異次元で最上級のインドアパーティを是非とも体感ください。

23
THU

NIGHT DEVELOPING -sonic photogram project- VOL.2

[ TECHNO. Art and any more. ]

□3:30 □料金: 一般2500. 学生2000.
※2Set(デジタルネガ+印画紙)込み ※学生の方は入口で学生証をご呈示下さい。

Special Guest DJ: AOKI takamasa (DJ set)
DJ: Takuya Matsuura. DJ tomoho.
LIVE: IN ( Hijirisawa Satoshi+Yoshihisa Suzuki )

NIGHT DEVELOPING
制作する中で、音と写真に多くの共通点を感じています。また、音と写真(現像)に同時に触れることで生まれる独自の体験があります。そうした空間を作り上げることを目的に「night developing」を始めました。ダークランプが灯る暗室を模した会場に、写真を現像するための機材を設置し、来場者からの画像データなどをデジタルネガにして、その場で現像が行えます。現像中にはAOKI takamasa、tomoho、松浦拓也によるDJと聖澤聡、鈴木悦久によるライブパフォーマンスが行われ、像を捉えるプロセスに音楽が介在する実験的なライブイベントになります。Night Developingでは音を楽しみながら、普段なかなか体験することができない暗室作業を体験できます。スマホやデジタルカメラで撮影したお気に入りの写真を、ご自身の手で銀塩プリントしお持ち帰りいただけます。

24
FRI

ポータラルカ
JIKOOHA “SPACEMEN▲UNDERGROUND” release tour

[ TECHNO and any dance music. ]

□08□ADV&W/F:2500. DOOR:3000.

LIVE: JIKOOHA (Matsuri Digital/Panorama Rec./Shamanarchy)
DJ: Tomocomo (Panorama Rec./Shamanarchy)
GYRO (ポータラルカ) KAGIWO(Chromatic Wave)

JIKOOHA
-Matsuri Digital/Panorama Rec./Shamanarchy-

97年結成。Roland SH-101・TB-303・Korg MS-20・Arp Odyssey等のアナログシンセを多用しGoa Trance / Psychedelic Musicを追求。”Dance Music”と”Punk Rock”を核とし、4つ打ちにロックテイストや泣きメロが融合したサウンドは、deep & spiritualな展開に飛ばしのノイズが絡み、唯一無二のシャ?マニックな世界観を確立している。またここ数年のヨーロッパやイスラエルの新たなGoa Tranceの復活に呼応し、Goa Tranceアーチストとして一角を担っている。現在まで日本各地のpartyでLive活動を行い、海外ではオーストラリア、イスラエル、ベルギーでのパーティに出演。また国内海外問わず様々なコンピレーションCDに参加している。2017年6月10日、キャリア20周年を迎え、ファン待望の5年ぶり、5作目となるアニバーサリー・フルアルバム “SPACEMEN▲UNDERGROUND”を Matsuri Digital よりリリース! マスタリングには、UKで90 年代に結成されたトランスバンドOOODのColin Bennunを迎え、 アンダーグラウンドから、混迷を深め綻び始めた偽りの世界に放つ、魂のダンストラック全9曲。 宇宙は繋がっている、自由は既に君の手の中にある!踊ろう、そして…「マトリックスの呪縛を解き放て!」

24
FRI

The SunPaulo Japan Tour 2017「WE LOVE PARTY!」
@lounge vio

[ ROCK and any dance music. ]

□07□ADV:3000. DOOR:3500. (入場時1DRINK代別途500必要)

LIVE: The SunPaulo/RADIACTIVE/
DJ: 山口啓祐 (The Sessions Mr.CASANOVA)
沼田ヨシタカ (version city session)

The SunPaulo
ロックスター佐藤タイジと天才プロデューサー森俊之による謎のエレクトロユニット。
結成はおよそ2000年。クラブ系のパーティーはもちろんのこと、フジロック、ライジングサン、サンセット等、国内の 野外フェスでは、ハイクオリティな演奏とハイテンションなパフォーマンスがハイエンドな衣装と相まったステージで、フェスのハイライトを 演出し続けている。ドラマーの沼澤尚脱退後、よりエレクトロ 度、ダンス度を増した新生The SunPaulo。進歩しつづけているThe Sunpauloから目をそらしてはならない。

25
SAT

Sudbeat Japan Tour 2017

[ HOUSE and any dance music. ]

□09□ADV: 3000. DOOR: 3500.

DJ: HERNAN CATTANEO -Sudbeat-
SOUNDEXILE -Sudbeat- DJ OGAWA -SMASH-

2nd Room
DJ: senda. AIDA. toru. maacy. Fronteir.
tiana. GULLET.

HERNAN CATTANEO -Sudbeat-
’92年にPaul OakenfoldはClubland@PashaでHernanを聴いて以来大ファンとなり、現在に至るまで、毎年ブエノスアイレスに戻り、共にプレイしている。Paulはイギリスからもレコードを彼に送り続け、全米ツアーに彼を同行させるまでにその関係は発展していった。そして遂に、彼のレーベルPerfectoと契約を交わし、ファーストシングル「DEEP FUNK」をリリースし、Sander KleinenbergのMix CD Global Underground – Nubreed 004に収録される。Paul以外にもHernanの才能を評価するDJは後をたたず、Sasha、John Digweedも南アメリカツアーではHernanとともに回り、アルゼンチン以外にもブラジル、ぺルー、ウルグアイでともに伝説を作った。Sanderは言う、「Hernanは僕が長い間聴いた中で、最も素晴しいDJなんだ」。「最近、世界中で誰が一番好きなDJかって?Hernan Cattaneoに決まってるじゃないか!」Deep Dishの2人が実際に口にした言葉である…。John Digweed、Danny RamplingはそれぞれKISS FM、Radio Oneの彼らの番組でHernanのミックスをオンエアーし大反響を呼ぶ。限られたクラブでしか聴くことができない彼の伝説的な「5 HOURS DJ SET」はアンダーグラウンドハウスからプログレッシヴまでを操り、本人の言葉を借りれば「極限までディープなハウス」をプレイするアルゼンチンの天才。過去、CREAM、Renaissanceなど世界屈指のパ−ティにおいての数々のプレイでその才能を世界にアピールし、幾多の伝説の夜を生み出してきた「エルナン カタネオ」の再来日GIGは、絶対に見逃せない!