HOMEMONTHLY SCHEDULEPICK UP PARTYREGULAR PARTYMUSIC CAHRTDJ PROFILESALSACOVER ARTINFORMATION
CLUB MAGO
PICKUP PARTY
2018.02. FEB. PICK UP PARTY
03
SAT

CISICO

[ HOUSE. TECHNO and any dance music. ]

□TBA□ADV: 2000. DOOR: 2500.

DJ: TANAKADISCO. YUMA.

CISCO Lounge
DJ: WK. tamachanmann. KJ Ikegami.
FOOD: OKES Kitchen.

TANAKADISCO -CISCO-
2007年DJ活動開始。偶然遊びに行った【POWWOW】にて相当な衝撃を受けて深く深くDEEPなDANCE MUSICの世界にのめり込む。2009年より【PhysicalFunction/club JB’S】を主軸に活動。2014年6月からは【CISCO】をclub Magoにて相棒YUMAと始動。これまでにUniversal Indiann/YA△MA/CMT/DNT/YAZI/APOLLO/HATTORIといった国内地下における最高DJを迎えている。土臭いLOW HOUSE~黒艶のあるDETROIT/CHICAGO産HOUSEを好む。ロータリーが大好き!たぶん名古屋で1番汗ダクで遊んで踊ってる!

YUMA -CISCO/WELD-
1988年島根県出雲市武志町生まれ、愛知県名古屋市天白区在住。DJ、MUSIC LOVER。浮き沈みを作るスタイルに、度々衆は拳を突き上げてしまう。プレイ中のエモーショナルでセンセーショナルな姿は、時間を忘れて踊らせてくれると同時に、最高瞬間状態を記録。国内外問わず様々なDJ/アーティスト、オーディエンスを虜にしてしまう名古屋Club Magoにて、世界で1番汗ダクで遊んで踊ってるTANAKADISCOと共に【CISCO】を主宰。

03
SAT

BOB MARLEY’S 73th BD CELEBRATION@lounge vio

[ REGGAE. ]

□TBA□ADV:4000. DOOR:4500. (入場時1DRINK代別途500必要)

SPECIAL GUEST LIVE:
KODAMA&DUB STATION BAND.
THE DUBNATIONALIES.

GUEST SOUND: Crush Judgement (fr 大阪)
Sound: Dynasty. Hayassen. Dubjua.
Monkey Rock. Caznabis. Goquiguen.
Real Foundation with sound system.

KODAMA&DUB STATION BAND
日本ダブのオリジネーターである元MUTE BEAT、こだま和文が1999年11月、RIDDIM 創刊200号記念イベント、こだま和文 & His Friends(新宿リキッドルーム)の一夜かぎりのライブの為に結成したバンド「THE DUB STATION BAND」。その後、2005-06年においてライブ活動と2枚のアルバム+1枚のアナログを残し、第1期KODAMA AND THE DUB STATION BANDは活動停止。長い沈黙の後、2015年12月、吉祥寺スターパインズカフェでのワンマンライブにて突如の復活を遂げる。新メンバーは、こだま和文(Tp / Vo)、HAKASE-SUN(Key)、森俊也(Dr)、コウチ(B)、AKIHIRO(G)。日本ダブのオリジネーターである、元MUTE BEAT・こだま和文を底辺から支えるメンバーは、各々、日本レゲエ界を代表する精鋭、実力者揃い。バンドの深いグルーブと、こだまの物哀しいトランペットのメロディーの融合は、他には見ないオンリーワンのものである。ゆっくりとしたペースでライブを重ね、2016年10月には渋谷クアトロライブが大入りに、そして、ソフィア・ローレンの名画『ひまわり』のカバー・チューンを自主レーベルの「KURASHI LABEL」からアナログで発売。静かなる躍動が始まっている。

09
FRI

Magnificent 3 Valentine Session

[ HOUSE and and dancemusic. ]

□TBA□ADV:2000/1D. DOOR:2500/1D.

MUSIC by:
高橋透. LOFT SOUL a.k.a Masahiko Uchikawa. CMT.

lounge
DJ: hiroyuki. HARUNA. NAOYAN. Daisuke Hirabayashi.

LOFTSOUL “SECRET BUSINESS”
リリースパーティー

内川マサヒコはキャリア25年を越すベテランで日本国内では古くからクラブシーンの構築に関わってきた。80年代後半-90年代は東京(Mix、328、Catalist、Fai…)、大阪(Qoo、Grand Cafe、Under Lounge、Down、Flatt…)、など東西の主要クラブでレギュラーDJを務める傍ら日本各地の数えきれない程のクラブにゲスト出演してきた。日本のベテランDJの中でも特にディープでソウルフルなスタイルを貫く彼のプレイは、海外でも高い評価を受けており現在も毎年渡欧している。そのオリジナリティ溢れるサウンドメイキングとミックスセンスには定評があり国内外の共演ア-ティストより多くのリスペクトされる。

LOFTSOUL通算4枚目となる`SECRET BUSINESS`は自身のDJや音楽キャリアの集大成とも言える内容です。プロダクションの特徴でもある疾走感のあるジャジーなトラックからユニークでソウルフルなFae Simon(London)をフューチャーして`I Love You All`、Nina Simonの`See Line Woman`をダウンビートカヴァー、アフリカンシンガーAissata Kouyate(Paris)のディープな`Tanma`はTimmy Regisford(Shelter/NYC)も絶賛。そして日本からはKeycoが`STOMP THEME`で絶妙なパフォーマンスを披露しています。最近になってパートナーのMIRUGAの他、LOFTSOULプロダクションにSoul-T(Key)とFRANCIS HYLTON(BASS/INCOGNITO)が加わったことでサウンドのクオリティーが一気に上がってきた事は言うまでもありません。皆さんに是非聴いていただきたいアルバムです。

高橋透 -GODFATHER-
77年からDJ活動を開始、80年ニューヨークのクラブシーンに憧れ渡米する。クラブ”12West””The Saint”などゲイカルチャー全盛期のハードなシーンを体験し1年後帰国、New York Disco、New Wave、No Waveをミックスするプレイで最先端ディスコ&クラブでメインDJを4年間務め85年に再びニューヨークへ、DJレストラン“Fujiyama mama”のメインDJとして活動しながら“Paradaise Garage”へ通い、ハウスミュージックの黎明期に於けるレジデントDJ(故) LARRY LEVANのプレイに多大な影響を受け、4年間に渡るニューヨークでのDJ活動を経て1989年11月伝説のクラブ“GOLD”(芝浦)のオープンの為帰国、メインDJ兼サウンドプロデューサーとしてハウスミュージック/ガラージサウンドを国内に浸透させGOLDの黄金時代を築いた。GOLDクローズ後はクラブLoopのSMOKERをはじめ全国のクラブイベント、パーティーに多数出演、そして99年宇川直宏とMOODMANとのタッグ“GODFATHER”が恵比寿”MILK”でスタートする。07年70年代からのDJ活動の全貌を活字で明らかにした自叙伝『DJバカ一代』を発表各方面で絶讚される。また同年リリースのミックスCD「SICK HOUSE」はLARRY LEVANの人間サボテン化計画(狂気の日)に焦点を当てたアナザー・サイド・オブ・パラダイスガラージな内容として話題を呼んだ。08年GODFATHER10周年記念ミックスCD『GODFATHER 10th anniversary Vol.1 / deathcovery mix – Mixed by TOHRU TAKAHASHI』をリリース。日本で最もレジェンダリーでエクスペリメンタルなパーティーとして全国からオファーが絶えなかったGODFATHERは2011年9月16日『GODFATHER BRAKE UPI』@Liquid Room(恵比寿)を最後に解散。自身もDJ 活動を4年間休止するが2015年10月にDJ 活動を再開しGODFATHERも復活した。ディスコ、ガラージクラシックスから最新ミニマルまでを織り交ぜ、高揚感に溢れるフロアを演出するプレイスタイルは唯一無比であり2016年はDJ活動40周年目に当たる。

CMT -POWWOW-
自身がレジデントDJ/オーガナイズを務める”POWWOW” “DESIRE” “TANGO”を軸に全国各地をトビ回り活動中。様々な経験の中で培われた、深く多岐に渡るそのDJプレイは、アンダーグラウンド・パーティシーンに多大な影響を与え、絶大な支持を得ている。自身の主宰する[SBM recordings]、その他レーベルより数々のミックスCD、音源作品をリリース。

10
SAT

Jumbomax peta feat 石野卓球
What a great techno!!!

[ TECHNO and and dancemusic. ]

□21□ADV:3000. DOOR:3500.

GUEST DJ: 石野卓球 Takkyu Ishino (DENKI GROOVE)
DJ: NAKAHARA (freestyleonline.net
RIOT girls (Sammy the RIOT. Yoshim RIOT)

SECOND FLOOR -新栄エスパニョール-
DJ: Hanzo. FOOTSTAMP. K. 康. Lax.
MC: P.I.G

石野卓球 Takkyu Ishino -電気グルーヴ-
1989年にピエール瀧らと”電気グルーヴ”を結成。1995年には初のソロアルバム『DOVE LOVES DUB』をリリース、この頃から本格的にDJとしての活動もスタートする。1997年からはヨーロッパを中心とした海外での活動も積極的に行い始め、1998年にはベルリンで行われる世界最大のテクノ・フェスティバル”Love Parade”のFinal Gatheringで150万人の前でプレイした。1999年から2013年までは1万人以上を集める日本最大の大型屋内レイヴ”WIRE”を主宰し、精力的に海外のDJ/アーティストを日本に紹介している。2012年7月には1999年より2011年までにWIRE COMPILATIONに提供した楽曲を集めたDisc1と未発表音源などをコンパイルしたDisc2との2枚組『WIRE TRAX 1999-2012』をリリース。2015年12月には、New Orderのニュー・アルバム『Music Complete』からのシングルカット曲『Tutti Frutti』のリミックスを日本人で唯一担当した。そして2016年8月、前作から6年振りとなるソロアルバム『LUNATIQUE』、12月にはリミックスアルバム『EUQITANUL』をリリース。2017年12月27日に1年4カ月ぶりの最新ソロアルバム『ACID TEKNO DISKO BEATz』をリリースし、2018年1月24日にはこれまでのソロワークを8枚組にまとめた『Takkyu Ishino Works 1983~2017』リリース。現在、DJ/プロデューサー、リミキサーとして多彩な活動をおこなっている。

17
SAT

OTONO with DJ Nobu -Special Long Set-

[ TECHNO and any dance music. ]

□TBA□W/F & reserve: 2500. DOOR: 3000.

GUESTDJ: DJ Nobu (Bitta | Future Terror) – Special Long Set -
DJ: YU NAKAGAMI. TORU. KARIURA.

LOUNGE ROOM-
DJ: Mayaruma. Shintaro. YUTA. …and more

DJ Nobu -Bitta / Future Terror-
非凡にして千変万化、自身のアンダーグラウンドなリアリティをキープしつつも常に変化を続けるのがNOBUのDJの特長であり、その片鱗は、[Dream Into Dream] (tearbridge), [ON] (Musicmine), [No Way Back] (Lastrum), [Creep Into The Shadows] (Underground Gallery)など、過去リリースしたミックスCDからも窺い知る事が出来る。近年は抽象性の高いテクノ系の楽曲を中心に、オーセンティックなフロアートラック、複雑なテクスチャーを持つ最新アヴァンエレクトロニックミュージック、はたまた年代不詳のテクノ/ハウス・トラックからオブスキュアな近代電子音楽など、さまざまな特性を持つクセの強い楽曲群を垣根無くプレイ。それらを、抜群の構成力で同一線上に結びつける。そのDJプレイによってフロアに投影される世界観は、これまで競演してきた海外アーティストも含め様々なDJやアーティストらから数多くの称賛や共感の意を寄せられている。最近ではテクノの聖地”Berghain”を中心に定期的にヨーロッパ・ツアーを行っているほか、台湾のクルーSMOKE MACHINEとも連携・共振し、そのネットワークをアジアにまで拡げ、シーンのネクストを模索し続けている。

17
SAT

GOLD EXPERIENCE@lounge vio

[ HOUSE. TECHNO. HIPHOP. ]

□TBA□ ADV:2000. RESERVE:2500. DOOR:3000. (入場時1DRINK代別途500必要)

GUEST LIVE: SUSHIBOYS. 東京塩麹. The Skateboard Kids.
DJ: AKIRA.TAIHEI.
VJ&DECO&LASER: YAMA. HELLSEE.
SHOP: ミスズコーヒー.

GOLD EXPERIENCE
2018年初のゴルエクは、名古屋でのライブが初となるアーティストを中心にフレッシュなメンツでお送りします。まずは、2017年リリースのアルバムがiTunes HIPHOPチャートで初登場1位となった「SUSHIBOYS」!
いきなり『Ollie』の表紙に抜擢されるほど人気超急上昇中な彼ら、毎年12月はフリーフードで寿司を出している我らゴルエクが先陣切ってお迎えしないわけにはいかないでしょう!CDプレーヤーで回転してるSUSHIもいいですが、ぜひこの機会に握りたてをお召し上がりください★お次は、音楽性だけでなく趣向を凝らした単独公演のスタイルでも話題を集める「東京塩麹」!ユニクロのCM音楽を担当したことも記憶に新しいですね。日本若手ジャズシーンの最注目株などと形容されつつもジャンルレスで一言では語れない塩麹ワールド、一度ライブで体感を!最後は、地元名古屋から。メンバーの半分が現役大学生ながら演奏力の高さと不思議な世界観でファンを増やしている「The Skateboard Kids」!流行のサウンドではなく自分たちの鳴らしたい音を追求する姿勢は若手といえどまさに“アーティスト”。最近心惹かれるバンドがいない…なんて方にこそぜひ観ていただきたい!3組とも今ライブを見ておかないと後悔することになりそうな予感…たくさんの方に次世代アーティストのライブを体感してもらうべく、前売券はなんと超お得な2000円★お早めにどうぞ~!!

23
FRI

ZOOSCENE feat. DIGITAL

[ DRUM&BASS and any dance music. ]

□TBA□WF: 2000YEN. DOOR: 2500YEN.

GUEST DJ: DIGITAL (Function Records UK/Metalheadz/Phantom Audio)
DJ: DJSMOKER. MOFONIX. tA.hA.rA. KONG BEAT.
Humming 8. HIDAKA. BADMYTH. YUDAI.
MCs: YUKAKO. AGO.

ROOM2
DJ: DIGITAL (EXCLUSIVE LOUNGE SET)
AGO. ERAGURU. CH@KEN and more

DIGITAL -Function Records/Metalheadz/Phantom Audio-
DigitalはUK出身の、シーンから最もリスペクトを集めているドラム&ベース・プロデューサーの一人。
『Digital』は14歳の時にサウンドシステムを巧みに操る彼のテクニカルな才能を認めたAshanti Sound Systemから与えられた名前であり、幼い頃から親しんできた父のサウンドシステムに大きな影響を受けたダブワイズ・サウンドを武器に、Metalheadz、Exit、Timeless、31、C.I.A.、Photek Productions、Innerground、Commercial Suicide、Reinforcedなどありとあらゆるトップレーベルから数え切れないほどのオリジナルで革新的な曲をリリースしてきた。 1991年、レイヴシーンの拡大とともにDigitalは父のサウンドシステムを所有することになり、この時から音楽プロダクションに目覚めることとなった。1995年にデビューした後、1998年には今なおAndy C、Goldie、DJ MarkyなどトップDJがプレイするアンセム『Phantom Force』を盟友Spiritと共作。2000年前後にはハーフステップの源流となるモンスターチューン『Deadline』をはじめとする代表曲を次々と発表し、2002年にはデビューLP『Dubzilla』をリリース。それ以降も精力的にリリースを続け、2017年にはSpirit、Total Science、Need For Mirrors、Om Unit、Nomineらとのコラボで創り上げた、4枚目のアルバム『Synthesis』を発表したばかりで、2018年2月には『Spacefunk The Remixes』EPのリリースを控えている。
http://www.functionrecords.co.uk/

24
SAT

TERRA

[ HOUSE and ant dancemusic. ]

□TBA □ADV:2000/1D. DOOR:2500/1D.

DJ: Hattori (Pigeon Records / Black Cream)
hiroyuki (galakuta) ayapam D.J. (WIDELOOP / Los Mantos)

DJ Hattori -Pigeon records/Black cream-
名古屋Pigeon Recordsバイヤー。約20年のDJ経験の中で、NYスタイルのハウス・パーティーや、カルト・ディスコ・パーティー等を経て、様々なパーティー・スタイルにその都度合わせていく柔軟なスタイルを得意とする。これまでに国内外問わず様々なDJ/アーティストとの共演も数多い。長年の音楽遍歴か ら得た知識や振れ幅を武器にしたソウルフルでエモーショナルなプレイが魅力。昨年末にはベルリン・アンダーグラウンドNo.1パーティーと誉れ高い「Homopatik」に出演。名古屋Club Magoで開催されているApollo(eleven.)、Se-1(eleven.)と組んだパーティー「Black Cream」がオススメ。