HOMEMONTHLY SCHEDULEPICK UP PARTYREGULAR PARTYMUSIC CAHRTDJ PROFILESALSACOVER ARTINFORMATION
CLUB MAGO
PICKUP PARTY
2024.02. February PICK UP PARTY
09
FRI

TELOMERE

[ Techno, House , Minimal Music ]

■ 22:00 open
■adv:2,500yen
door:3,000yen

-ROOM 1-
Onirik (Garage Hermétique / Off The Grid)
Junki Inoue (SAISEI / Cartulis)
Harukeep
TLMR (Decao&Takehiro)

-ROOM 2-
DJ Razz (Cowboy Family)
DJ MARIAH CHALLY
oke
mitchung
Naoto Ota

■ FOOD:PKPK TACOS

Onirik (Garage Hermétique / Off The Grid)
Onirikはベルリンを拠点とするDJ/プロデューサーであり、レコードショップ兼ディストリビューターOff The Gridの中心人物としても知られる存在である。
Off The Gridは現在、ミニマル以降のテクノ/ハウスにフォーカスしたレコードショップ・ディストリビューションの中でも抜きん出た信頼を獲得している。流通を担当しているレーベルはMarginal Returns、Wicked Bass、Saisei、Birdsmakingmachine、Assemble Musicなど、いずれもアンダーグラウンドで非常に評価が高いものばかりだ。
2013年にはPablo TarnoとともにFinest Hour Recordsを立ち上げ、Audio WernerやRobin Ordellらによる一級品のフロアツール・トラックを数々リリースした。また、Garage Hermétiqueというレーベルも運営しており、こちらでは自身や周囲のプロディーサーによる作品はもちろん、UKテクノの重鎮Kirk Degiorgio aka As Oneの楽曲、ロンドンのベテランDJ Jane Fitzによるアンビエント・ミックステープなど、フロアからリスニングまでカバーした拘りが光る作品を発表している。
DJとしてもベルリンのClub der VisionäreやHoppetosseなどで定期的にプレイし、欧州はじめ世界各国のパーティーへのゲスト出演も頻繁にこなしている。ミニマルハウスからテクノ・エレクトロなど、ディープでアンダーグラウンドなダンスミュージックへの深い造詣が、選曲やプレイスタイルからも実感できるはずだ。

Junki Inoue (SAISEI, Cartulis)
[Cartulis Music]の中心人物として、Unai TrottiとRaphael Carrau、Z@pらと共に活動するロンドン拠点のDJ。
テクノ・ハウスを軸とした選曲でじっくりと確実にフロアをコントロールするDJとして世界各国でギグを重ねる一方、トレンドの一歩先を行くサウンドをクレートから探り当てるレコードディガーとしても信頼を置かれている。
2021年には、日本産のヴァイナルやCDから現代のフロアにフィットする希少なエレクトロニック・ミュージックを発掘し再び世に放つレーベル[SAISEI]をローンチし、いずれのリリースも多方面から好評を得ている。

10
SAT

No Doubt Information

[ Techno and any dance music ]

■ 22:00 open
■door:3,000yen
U25: 2,000yen

Wata Igarashi(WIP)
SO (The Labyrinth / Mindgames)
TORU(OTONO)
Mukasa

Wata Igarashi(WIP)
Midgar、The Bunker NY、DJ Nobu の Bitta からのリリースで高く評価された EP、Semantica や Time To Express のコンピレーションにおいてハイライトとも呼べる優れたトラックを提供。これらの作品を通じて、Wata Igarashi はさらなるテクノ・ミュージックのディープ・サイドを探求している。
また、アーティスト活動と並行してサウンドプロデューサー/コンポーザーとしての顔を持ち、長年培ってきた音楽制作のスキルと経験が、緻密で洗練されたテクノ・トラックにも息づいている。
DJ セットにおいては、音楽制作に近いサウンドアプローチを採ることで、独自のサイケデリックでトリップ感の強いテクノを表現。Berghain、Bassiani、De School、Batofar、The Block などの海外の主要クラブでのパフォーマンスを経て、その評価も世界的に高まりつつある。

SO (The Labyrinth / Mindgames)
仙台で生まれ育ち、幼少から12年に渡ってクラシックピアノを習得した後、18歳でDJを始める。その後22歳でMindgamesの一員となりThe LabyrinthのレジデントDJとして抜擢され、このきっかけが後のキャリアを大きく変えて行く。Labyrinthは今年18年目を迎え、今や日本を代表するクオリティの野外フェスティバルとしてその名を世界中に知らしめる中、DJとして表舞台に立つだけでなく、制作・運営にも大きく貢献して来た。
旋律と共に徐々に疾走感と高揚感を増しセット全体でひとつの大きな流れを成すスタイルを一貫し、20年のキャリアを経て確固たるアイデンティティとして築き上げた。淡々と展開される奥行きのある選曲、安定感のあるスムーズなミックステクニックは完成度が高い。
若くから評価され、ポルトガル(Boom Festival)、オーストラリア(Rainbow Serpant / Strawberry Fields)、を始め世界各国で多くの檜舞台を経験し、Fuji Rock FestivalにもDJとして出演。これまで積み上げて来たキャリアは多岐に渡る。また2016年にはドイツでもアンダーグランド系のフェスとして絶大な人気を博し続けているNachtdigitalに出演。そのセットが各方面で話題を呼び、以後欧州でもDe School、Concrete、Tresor、about blank、Ankali等、一気に活動の場を広げ近年更なる躍進を遂げている

16
FRI

WIDE LOOP

[ House and any dance music ]

■ 22:00 open/start
■ door:2,000 yen/with 1drink

SHIGETA
ayapam D.J.

SHIGETA
80年代末、ひと際暗く、中毒性を秘めたhouse musicに衝撃を受ける。
2000年より「大きな繋がり」の意を込めて”wideloop”を始動、幅広い層のcluberに支持され今年で24年目に突入!
海、山,箱etc..あらゆる気持ちの良い場所で開催、partyの浸透と可能性を探求すべく日々活動する…  
疾走感と重量感、めくるめく展開を持ち味に、その場と共鳴することを願う、根っからのparty好き!
​2018年 Interspeacies Recordsよりmix cd発売。


ayapam D.J.
名古屋切ってのhard core party people。
WIDE LOOPレジデンスDJ。
彼女が織り成す音は、ハッピーと遊び心と優しさに溢れてる!

17
SAT

fluid-Nagoya presents RAZOR SHARP

[ Techno and any dancemusic. ]

■ 22:00 open
■ adv:2,500yen
door:3,000 yen

-ROOM 1-
AKIRAM EN
DJ KURI (Black Forest)
SHINTARO(OmnivoreZ/PLAQZA)
将軍

-ROOM 2-
abodam
NISHIWAKI(biorhythm)
RYOTA(Delicious sand/PARADISE BLOW)
YOSHITO(MAGNA)

■FOOD:setsuko(極楽肴nd)

DJ KURI (Black Forest)
DJ。房州千葉県出身。在住。
10代の頃はハードコア・パンクの明け暮れだった 彼も、いつしかダンスミュージックのドープな側面に魅了され自身のDJキャリアをスタートさせる。
数々の魂の遍歴を経て現在千葉のリアル アンダーグラウン ドパーティー【BLACK FOREST】主催兼取締役DJ。
プレイスタイルはディープかつダイナミックで、フロアの空気を読みつつも確実に自分色に染め上げて行くプレイには中毒性 があり、一回ハマると社会復帰は困難になる。
2008年9月に盟友Universal Indiannの主催するFamily Tree Recordsからmix-cd[BLACK FOREST MIX]をリリース。
そのひたすら深く潜りながらも快楽度の高い内容はベルリンアンダーグラウンドテクノとの共時性を感じさせながらも千葉にしかない強度 を併せ持ち、違いのわかる漢達から熱い支持を受ける。
シマを動かず。シッポは振らず。頑固に一つ事を貫くDJ KURIは現在その勢力を全国に拡大中!!!!

AKIRAM EN
DJ、選曲家、パーティーオーガナイザー 90年代中盤よりDJとして活動開始。
レフトフィールドテクノやアヴァンギャルドなどをフロアマナーに従ってミックスしていくエッジーなダンスセットから、オブスキュアサウンドに着想を得たディープなリスニングセットまで、聴覚と身体感覚を揺さぶるプレイは、ダンスフロアを常に意識しつつ、音楽を深く知覚させる体験へ導いていく。 
2018年春、BLACK SMOKER RECORDSより自身初となるMIX CD『Mekano 1974-92』をリリース。 
世界中のディガーやドープなパーティーヘッズからの信頼は深く、『rural 』、『Future Terror』、『MNML SSG』と言った、日本を代表する野外フェス、テクノパーティーに出演。
近年は、地方都市や海外まで活動領域を広げ、東京をベースにインディペンデントで先鋭的な現場を日夜飛び回っている。
八王子SHeLTeR《SCI-FI》(毎月第二金曜日)にてレジデントDJを務める他、 幡ヶ谷forestlimitにてディガー集団で構成されるDeep Listening Lab《ideala》(毎週木曜日)を主宰。
世界でも稀有な”ディープリスニングパーティー”としてシーン化している。 
また、日本国内屈指のディガー・DJ陣に留まらず、来日したアーティストを招聘し、不定期で様々なパーティーをオーガナイズ、企画している。

24
SAT

MASCULINE

[ Live, House, Techno and any dance music ]

■ 22:00 open/start
■adv:3,000yen(LIMTED100 ZAIKO)
under 23:2,000 yen
door(before 24:00):3,500 yen
door(after 24:00):4,000 yen

-ROOM 1-
■GUEST DJ
MASANORI MORITA(STUDIO APARTMENT)

■Special Live
DACHAMBO

■DJ
SHIGEKI TANAKA
YU-I
NAOTO
KZY

- ROOM 2-
K1
NME
MITTUN
Maacy
LEON
NAOKI
まりー
Roshi

- GALLARY MUKU -
■ FOODS:大須麺線

■ Ticket On Sale
ZAIKO

MASANORI MORITA (STUDIO APARTMENT)
日本を代表するダンスミュージックプロデューサー。
トラックユニット STUDIO APARTMENT として、これまでに9枚のオリジナルアルバム、そして300曲以上のオリジナル曲を世界各国のレーベルからリリース。
世界最大のダンスミュージックダウンロードサイト beatport にて、自身の楽曲が「2008年 DEEP HOUSE 部門 年間総合チャート1位」、「2009年 BEST DEEP HOUSE TRACK」を受賞し、アジア人として初の快挙を達成。同じくハウスミュージック最大のダウンロードサイト Traxsource にて、これまでに4つのオリジナル楽曲が総合チャートで1位を記録。世界規模で活動してる数少ない日本人アーティストである。
世界の主要ダンスミュージックカンファレンスであるアムステルダムでの ADE (Amsterdam Dance Event)や、マイアミでのWMC (Winter Music Conference)へ出演(ADE は4年連続 / WMC は9年連続)し、2012年はギネスにも登録されている世界一のビッグクラブ Privilege Ibiza (1万人収容) のレジデント DJ を務める。
アメリカ西海岸のメガネブランド”OLIVER PEOPLES”とコラボレーションし、”STUDIO APARTMENT × OLIVER PEOPLES”としてファーストモデル ”SAOP”を2009年、セカンドモデル “SAOPⅡ”を2011年に発表し、全世界でリリースされる。
日本では、STUDIO APARTMENT の10周年を記念し、結成初となる日本語でのアルバム「にほんのうた」「みんなのうた」を2012年にリリース。ケツメイシ、氣志團、TRF、黒木メイサ、JAY’ED、RIP SLYME、MISIA、平井堅、CRYSTAL KAY などの豪華メンバーがアルバムに参加。収録曲であるキマグレンの代表曲”LIFE”の STUDIO APARTMENT Remix は、au の携帯電話”Spotio”の CM ソングとなり、リミックスながら200万ダウンロード超えを記録し話題となる。
STUDIO APARTMENT が年に1度、総勢40名のビッグバンド(ストリングス隊 / ホーン隊 / コーラス隊)を従えてライブを行うパーティー WORLD MUSeUM (2008年から2012年度まで開催)は、夏のビッグイベントとなり、2009年には DVD をリリース。
自身のレーベル“Apt.”, “Apt.International”を2006年に設立し、国内では DAISHI DANCE、PAX JAPONICA GROOVE 等、様々なアーティストをデビューさせる。又、海外アーティストとの窓口となり、世界のトップダンスミュージックプロデューサーである Dennis Ferrer、Kerri Chandler、Jarome Sydenham 等の作品をリリースし、ワールドスタンダードなダンスミュージックを日本へ広める。
https://www.studioapartment.jp



DACHAMBO
日本が宇宙に誇るサイケデリックJAM BAND、もしくは快楽探求楽団。ツインドラムにディジュリドゥー、極太ベース、爆音ギター、そしてデジタル音からなる、ジャム、トランス、ラテン、ファンク、サイケ、オーガニック、民族音楽といったジャンルの枠をひょいひょいと変幻自在に飛び越えるPEACE&SMILEに溢れた
彼らのライブは、自分達とその場に息づく空気、居合わせたお客さんとのバイブレーションの交換から生まれ、常に変化しつづける形容のしがたい、することの出来ない音を産み続けてゆく。それは「人が踊る」ことへの初期衝動を覚醒させる中毒性をもったサウンドであり、現世と彼岸の境界線を遥かに越えてビヨンド・ビリーヴな踊りのサークルから生まれるカオスでもある。そんなDACHAMBOの世界観にグイっと惹き付けられた老若男女によって、草の根的に”DACHAMBO村”日々拡大中。
Gravity Freeデザインのド派手なバイオディーゼルBUSに乗り全国のフェスやパーティに駆けつけてはシーンを騒がし、『FUJI ROCK FESTIVAL』『朝霧JAM』『RISING SUN ROCK FESTIVAL』『SunSet Live』等の国内主要ビッグ・フェスを総ナメに。ついにはフェス番長(YAHOO認定)の称号までいただき、パーティーシーン・JAMBANDシーンに無くてはならない存在として活動を続けている。
結成10周年をむかえた2011年には、毎年恒例となっている自主運営の野外フェスHERBESTAを1万人規模の無料フェスとして拡大開催。WOOD STOCKの再来かもと言わせる治外法権な天国を地上に現出させる。ルールの無い、参加するものの愛とモラルに頼った独自の運営方法も高く評価され、主旨に賛同して集まってくれた多くのアーティストの協力もあり、大成功を収めた。
http://dachambo.com