HOMEMONTHLY SCHEDULEPICK UP PARTYREGULAR PARTYMUSIC CAHRTDJ PROFILESALSACOVER ARTINFORMATION
CLUB MAGO
PICKUP PARTY
2018.03.PICK UP PARTY
02
FRI

DEEP VIBE

[ TECHNO and any dance music. ]

□TBA □ADV:2500. DOOR:3000.

Feat: Syntax Error (Snork Enterprises, UNDERtheGROUND/GER)
AOKI Takamasa (re:play/LARK) Kult Q -LiveSet (DEEPVIBE)
TANAKA DISCO (CISCO/ONE) Yasuto aka Paper (DEEPVIBE)
VJ: YAmAmoto=YUichiRO (DEEPVIBE)

Room 2
DJ: Mnta(Harvest Dance/Tokyo) Haruki & gaso (B2B Set from Float)
KUU (cuebit) Miu (BASQUIAT)

Syntax Error -Snork Enterprises. UNDERtheGROUND/GER-
ラブパレードやTresorからリアルテクノの洗礼を色濃く受け、トラック制作をスタート。レーベルSnork Enterprisesを立ち上げる。レーベルからは、Cristian Vogel、DJ W!ld、youANDme、Jens Zimmermannを始めとするディープなテクノシーンで活躍する精鋭達がリリース。また日本との交流も深く、Ditchのトラック「Funcup Reipian」のFumiya Tanakaのリミックスを始め、Feinwerk, Relax 2000というサブレーベルを通じ、Haruyuki YokoyamaやSpangleman等のトラックのリリース。生まれ故郷の街ドイツ・ギーセンで『UNDERtheGROUND』という20年近く続くパーティー/レーベルをオーガナイズし、フランクフルト地方の地下テクノシーンにおいて絶大な影響力を誇っている。本物のドイツ・テクノを身をもって体感させてくれる稀なアーティストである。

Aoki Takamasa -re:play/LARK-
1976年大阪府出身。現在は大阪在住。フランス・パリを経て、ドイツ・ベルリン在住の日本の電子音楽ミュージシャン、現代美術作家、写真家。京都精華大学ポピュラーカルチャー学部非常勤講師。コンピュータを用いた創作活動を中心とし、独自の音楽表現でイギリスBBCラジオ・プログラムOne Worldへの楽曲提供(The Beatles ‘i will’のカヴァー)、YCAMでのコンテンポラリー・ダンサーや映像作家との共同制作、高木正勝とのユニットSILICOMなど、海外・日本国内ともに高い評価を受けている。2001年にPROGRESSIVE FOrMよりフルアルバムSILICOMをリリース。2004年パリに移住。その後2008年にベルリンに移住。ヨーロッパを拠点に制作活動、世界各国でライブを行う。2011年帰国。現在は大阪に拠点を置きソロでの楽曲制作、国内外でのライブ活動の他、多数のアーティストへの楽曲提供、ミックスなども行っている。□http://www.aokitakamasa.com

03
SAT

LARK + ADDITION

[ TECHNO and any dance music. ]

□TBA □ADV:2500. DOOR:3000.

GUEST DJ: Andy Kolwes.
DJ: Yoske + DJ Spot (LARK)
Akira Saotome + YU-TO (ADDITION)
LIVE: Goemon.
Lounge Floor DJ: Kento Kumazaki -open to last-

Andy Kolwes -Anyway-
イビザとケルンを股にかけ、自身のレーベル “Anyway” を主宰するプロデューサー / DJ、ANDY KOLWESがTokyo / Osaka / Nagoyaにてツアーが決定。Ricardo Villalobosもお気に入りのフランクフルトの大注目レーベル “Pressure Traxx”、ルーマニアン・ミニマル中核 “All in”等からのリリースで知られるなど、注目を浴びるドイツ・ケルン出身のアーティスト待望の初来日となる。

ドイツ・ケルン出身のトラックメイカー / DJ。地元ケルンで15年以上にわたりDJとしてのキャリアを積む一方、自ら運営するAnywayをはじめフランクフルトのPressure Traxx、ルーマニアのAll Innなどのレーベル群から独創的なモダンさとトリッピーさを持ち合わせたハウスサウンドをリリース。
2013年にハンドメイド・アートワークを施しごく少数のプレス枚数でリリースしたデビュー12インチ「Walk to the Moon」は、きわめてアナログで生々しい質感でありながら洗練されたグルーヴを放っていた。その後もAnywayから数枚のリリースを重ねながら、フランクフルトPressure TraxxやブカレストAll Innなどのレーベルにも作品発表の舞台を広げていく。なかでも、2016年にPressure Traxxからリリースした「YSL」はZipやRicardo Villalobosのフェイバリットとなり、Sunwave 19では彼らの手によってヘヴィープレイされた。
KowlesはベルリンClub der VisionaereやHoppetosse、フランクフルトRobert Johnson、ブカレストGuesthouse、イビサIbiza Undergroundなどヨーロッパ各地のクラブで精力的にプレイを重ね、時にはサンプラーやエフェクターを組み合わせた即興的かつ有機的なDJセットも試行。まもなくAnywayから自身初のフルアルバム・リリースを控えている。

09
FRI

Fusion

[ HOUSE and any dance music. ]

□21□DOOR:2000.

Special live: JUN KAMODA (イルリメ) -Low House set-
DJ: NODA. YD.
Spatial design: MORI

JUN KAMODA -イルリメ-
2000年に自主リリースした1stアルバム『イるreメ短編座』が音楽ファンの間で広まり話題となる。
2004年までに4枚のオリジナルアルバムを立て続けに発表、04年発売のアルバム「www.illreme.com」に於いてはミュージックマガジン誌『ロック(日本)』部門で年間ベスト アルバムに選出される。またジャンルを問わず様々なコラボレーションも精力的に行い、speedometer.とのユニットで「SPDILL/How to feel the empty hours?」、ECDとのユニットで「ECDイルリメ/2PAC」、二階堂和美の全作詞とプロデュースを担当した「二階堂和美のアルバム」を制作。07年、カクバリズム移籍後初となるフルアルバム『イルリメ・ア・ゴーゴー』をリリースし、「FUJIROCK」初出演。翌年にはフランス、ドイツ、ベルギーなどを回る初のヨーロッパツアーを敢行した。作品はその後も08年に「メイド・イン・ジャパニーズ」10年に「360°SOUNDS」をリリース。同時にCM音楽や作詞提供、REMIXと制作の幅を広げてゆく。08年より歌への傾倒からギター弾き語りライブを開始。
11年、本名・鴨田潤名義で1stアルバム「一」をリリース。12年、TRAKS BOYSと組んだポップスバンド(((さらうんど)))の1stアルバム「(((さらうんど)))」、鴨田潤として初の長編小説「てんてんこまちが瞬かん速」(ぴあ)を発表。13年、(((さらうんど)))の12インチシングル「空中分解するアイラビュー」、2ndアルバム「New Age」、15年には(((さらうんど)))の3rdアルバム「See you, Blue」をリリース。16年4月にはJun Kamoda名義での12インチ「The Clay E.P」を、New Yorkのレーベル”Mister Saturday Night”よりリリースし、さらに活動の場を広げている。
□http://kamodajun.tumblr.com/

11
SUN

Dots Vol.4 feat. FIGHT CLVB & JUYEN SEBULBA

[ TECHNO. BASS MUSIC and any dance music. ]

□13□ ADV: 3000. DOOR: 3500.※入場時別途DRINK代500円必要.

Special Guest DJ: FIGHT CLVB. JUYEN SEBULBA.
Guest DJ: Nu (frome Fukuoka) rimuten.
DOTS Resident DJ: WATARU.
DJ: 329. BOB. Brave. COHSUKE. GLO. IKKI. JOE.
KAzK. KEYS. Lina. MAITO. NAOTO. SE-TA. T-BRAVE.
TETSUWO. Tsuyoshi Koyama. ViViD. WAVA. YO-ICH!.

FIGHT CLVB
2010年代初頭に起こったムーンバートンムーヴメントから頭角を表したニューヨークで活躍するFIGHT CLVBは、そのジャンルの枠を越えたミュージックを世に打ち出している。
彼らはすぐさまオランダの秘宝 Afrojackと組み、【Wall Recordings】からのデビューを果たす。さらに【Dim Mak】【Hysteria】【Revealed】などのレーベルから次々に作品を発表し、その多くは早くから彼らが作り出した重厚感あるエレクトロミュージックにラテンアメリカンのアンダートゥーンを融合したスタイルで描かれている。
DJ Snake、Diplo、そしてSteve Aokiといったビッグネームからのサポートを受け、FIGHT CLVBはその期待を裏切らない活動を続けている。

16
FRI

BIG CRUNCH “Hard Techno Friday”

[ TECHNO and any dance music. ]

□TBA □ADV: 2500. DOOR: 3500. 遠方割:3000.

SPECIAL GUEST: Fredy.S (from Switzerland)
GUEST DJ: Morphonics a.k.a 紙袋. 本間本願寺. BEPPU.

DJ: ガスター点. Ryusuke. フジタタダシ. KOOL BIZ. 多羅尾. Shingohatade.
隼雄. Hamayan. RocKEN. YUTAKA. alisten. mamekx. hidetaka.
VJ: asaZy
FOOD: さす屋.

Hard Techno!Hard Techno!!Hard Techno!!!
スイスより25年の間、Technoの流行りには決して流されない数少ないアーティストの一人Fredy.Sが名古屋で初プレイ!他にMorphonics a.k.a 紙袋・本間本願寺・BEPPUも駆けつけフロアーはまさにHard Technoの一色になる事間違いなし。

16
FRI

“Carhartt WIP presents
ILLA J “HOME”ASIA TOUR 2018@lounge vio

[ HIPHOP and any dancemusic. ]

□19 □ ADV: 2500. DOOR: 3000. (入場時1DRINK代別途500必要)

GUEST LIVE: ILLA J (YANCEY BOYS / DETROIT)

DJ SET BY: YANOMIX (OBRIGARRD / DECIBEL) CHILY-T (DELICIOUS VINYL)
SHADOWJAM (Carhartt WIP) DJ O-KAY (UP SET MUSIC) LEOTARD & K.E.S.
DANCE SHOWCASE: 10GAME (MYSTIFY)

MC: AUGUST (THE CORNER MUSIC)

“ILLA J -YANCEY BOYS / DETROIT-
ヒップホップ史上最も偉大なプロデューサーの一人である故J Dillaの実弟としても知られるIlla J。その彼が昨年6月、Jakarta Recordsより発表した3rdアルバム『HOME』のリリースツアーとして、初のアジアツアー<HOME ASIA TOUR 2018>を日本、中国、香港、韓国にて開催します。最新アルバム『HOME』のエモーショナルかつ幅広い音楽性を、今回のアジアツアーのライヴパフォーマンスでも披露。DJだけでなく、キーボードなども交えたラッパー/シンガーとしてのIlla Jのショウは、ヒップホップ~ソウル~R&B、すべての音楽ファン必見です。

23
FRI

fluid-Nagoya presents RAZOR SHARP

[ HOUSE and any dance music. ]

□TBA□ADV: 2500YEN. DOOR: 3000YEN.

DJ: BEN UFO (Hessle Audio from UK)
HATTORI (Black Cream/Pigeon Records)
yusuke uchida (LOVE/CAVE PARTY)
将軍(fluid-Nagoya)

-SECOND FLOOR-
SAMMY THE RIOT (Riot Girls) equino (Coks)
EGUCHI (DISCUS/AVALONIAN DISCO)
ayapam D.J. (WIDE LOOP/Los Mantos)
CHOMAN (The Sessions/pubrest GONZO)

SHOP: Trippin Spice. Takuro Coffee.

BEN UFO -Hessle Audio from UK-
UK ダブステップ、ドラムンベースを軸にハウスやテクノまで幅広く音を使いこなすBen ThomsonことBen UFO。2007年、Pearson SoundとPangaeaと共に設立したレーベル“Hessle Audio”は、今やシーンの重責を担うBlawan、Peverelist、UntoldとJoeなどのアーティストの発掘にも務め、また、著名なプロデューサーたちのエクスクルーシブな楽曲を聞ける希少な場として注目を集めている。衝撃的で雄大な空間を生み出すレーベルとしてUKレイブカルチャーに新たな風を巻き起こし、DJとしてもミックススキルを武器にポジションを確立し注目を浴びる実力派。
Trilogy Tapes、Truants、Resident AdvisorやBBC RadioのEssential Mixなど、各音楽メディアへのポッドキャスト提供や”RinseFM”におけるシーンへの貢献も大きく評価され、Jackmaster、Morphosis、Gerd Janson、Joy Orbison、DJ Nobuなどといった多様な音楽知識とセンスの持ち主たちとのB2Bも幅広いオーディエンスから高評価を得ており、近年におけるDJとしての注目度は限りなく高い。

24
SAT

BLACK CREAM

[ HOUSE. TECHNO and any dance music. ]

□TBA □WF: 2500YEN/1D. DOOR: 2500YEN.

DJ: APOLLO (eleven) HATTORI (pigeon records)
海老名みどる a.k.a. pilooliq.

Apollo -black cream-
日本中のコアなパーティーピープルを射止めた三重発eleven.をオーガナイズした経歴からも裏付けられるヴィジョンを創造する感覚的表現がDJスタイルにも貫かれており、ハード&ストイックな狂気に満ちた瞬間や、メロウ&ビターな悦楽までをも感じさせる空間を混在させたまさにワン・アンド・オンリーDJ!!名古屋Club MagoでのレギュラーパーティBlackcreamをはじめ、 全国各地のダンスフロアーをバースト&ウェットさせている!!

25
SUN

TOTALIZE PRESENTS “LOVERS CHOICE”
CARROLL THOMPSON JAPAN TOUR IN NAGOYA
@lounge vio

[ REGGAE. ]

□15□ADV: 3000. DOOR: 3500.

SPECIAL GUEST LIVE: CARROLL THOMPSON from UK
GUEST LIVE: macho. asuka and.
GUEST SELECTOR: 岡崎 隆(LION MUSIC DEN)
NOBORU(REAL FOUNDATION) DJ MITSU(nobodyknows+)

MUSIC BY: HAYASSEN(TOTALIZE)
with FREQUENCY FRENZY SOUND SYSTEM
SOUND SOLID GROUND REALIFE(STAMINA RECORDS)
YUSUKE(COTTAGE)
EARLY WARM: MANAVIN(TOTALIZE)

CARROLL THOMPSON
ロンドン出身。ジャマイカ移民の両親の影響もあり、レゲエ、スカ、ロックステディなどはもちろん、ジャズやゴスペル、クラシックまで幅広い音楽に親しむ子供時代を過ごす。19才の時に、知り合ったプロデューサーのもとで自作デビュー曲「アイム・ソーリー」を発表。これがラジオ・ヒットし、81年にデビュー・アルバム『ホウプレスリー・イン・ラヴ』をリリース、ラヴァーズ・ロックの代表作として後々まで語られることになる。
“ラヴァーズ・ロックの女王”として活躍する一方、アスワド、マキシ・プリーストなどのレゲエ・アーティストはもちろん、スティーヴィー・ワンダー、シャーデー、UB40、ペット・ショップ・ボーイズ等々、様々なトップ・アーティストとのセッション・ワークもこなしていく。さらには、GOTAや彼のプロジェクト、パシフィスツへの参加やコートニー・パインのアルバムへの客演など、ジャンルの垣根を越えたヴォーカリストとしてキャリアを積み重ねていく。
ソロ活動では、92年マッド・プロフェッサーのアリワ・レーベルから『ジ・アザーサイド・オブ・ラヴ』を発表。94年東芝EMI/eauレーベルからアルバム『フリー』をリリース、デニース・ウィリアムスのヒット曲「フリー」のカヴァーがFMを中心に大ヒットし、日本における彼女の認知度を一気に高めた。95年『フル・サークル』、96年『ソングバード』とコンスタントにアルバムを発表し、99年ビクター移籍第1弾となる『フライング』を発表。

30
FRI

Margarita feat Move D

[ HOUSE. TECHNO and any dance music. ]

□TBA □AVD: 2500. DOOR: 3000.

DJ: Move D (Source Records/Workshop | Smallville) HATTORI (PIGEON RECORDS)
TANAKA DISCO (CISCO) HAMAMATSU CREW.

Move D -Source Records | Workshop | Smallville-
David Moufangとしても知られ、60~70年代のジャズ、サイケデリック、ロック、ソウル、初期のエレクトロニカをルーツに世界で活躍する現代エレクトロニックミュージックアーティストの一人。
1983年に初めて学校のバンドコンテストにてレコードを使用し、4年経った後から本格的にDJとしてファンク、ソウル、ヒップホップ、初期ハウスをプレイ開始。90年代に入り、自身で設立した《Source Records》をきっかけに物事が急速に進んで行く。Move DとしてのデビューLP “Kunststoff”を94年にリリースし、その後今は亡きPete Namlookはじめ数多くのアーティストとの共同作を発表、その数は26作にも及ぶ。以降ハウスミュージックシーンにおいて真のプロデューサー、コラボレーター、セレクターとしての地位を確立した。幾多の作品をリリースし続けているがそのバラエティの豊かさは目を見張るものがある。《Source》《Modern Love》《Workshop》《Smallville》《Warp》《RUnning Back》《Uzuri》《Electric Minds》などリリースしたレーベルの幅広さだけでなくJuju&JordashとのMagic Mountain Highや、Jonah SharpとのReagenzなどプロジェクトも多岐にわたる。彼のライヴ、そしてDJパフォーマンスはスタジオワークと同様にコンスタントに活動しており、自身の奥深く多様性に富んだ音楽知識をもとに、忘れがたい時間と空間を生み出している。そのスタイルは誰にも真似できない唯一無二のものであり、世界中の人々を魅了し続けている。

30
FRI

CLUB SNOOZER@lounge vio

[ ROCK and any dance music. ]

□22 □ ADV: 2000. DOOR: 2500.

DJ: 田中宗一郎(ザ・サイン・マガジン・ドットコム)
ヒサシtheKID(THE BEACHES)ATSUSHI(BOY’S OWN / beat fountains)

CLUB SNOOZER
音楽雑誌『SNOOZER』、2011年6月、終巻。なんですがそんなの関係なく、クラブ・イヴェント“CLUB SNOOZER”はあいもかわらずに全力で続行中!!そもそも、当パーティは、そ
の歴史は雑誌よりも古く95年にスタート。以降、15年以上にわたって、全国各地の、ポップ・ミュージック、ダンス・ミュージックを愛する、オープン・マインドなクラウドと、最高の夜をつくりあげてきました。DJは、立ち上げ時からのパーティ主宰にして、ごぞんじ元『SNOOZER』編集長の田中宗一郎を中心に蒼々たるメンツが集結!ロックンロール、ハウス、ポップス、インディ・ロック、テクノ、ヒップホップ、パンク、ブレイクビーツ、オルタナティヴ、スカ、ヒップホップ、etc…あらゆるジャンルをミックスしていくプレイは、時に熱狂の渦に、時にロマンチックな桃源郷に、今夜もフロアを七色の世界へと導くこと必至!!
□http://www.clubsnoozer.com/

田中宗一郎
SNOOZERの人。音楽webサインマグことthe sign magazineのクリエイティヴ・ディレクター。CLUB SNOOZERのDJ。THE CHUMS OF CHANCEのメンバー。GOODBY MELODY NELSONの作詞作曲家。口癖はWOW BOP A LOO BOP A LOP BAM BOOOM。