HOMEMONTHLY SCHEDULEPICK UP PARTYREGULAR PARTYMUSIC CAHRTDJ PROFILESALSACOVER ARTINFORMATION
CLUB MAGO
PICKUP PARTY
2017.02.PICK UP PARTY
03
FRI

CISCO feat YA△MA

[ HOUSE and ant dancemusic. ]

□08PM~□ADV:2000.DOOR:2500.

DJ:
YA△MA (TAMULAS/PRYTHM from OSAKA)
TANAKADISCO. YUMA.

CISCO LOUNGE
DJ: WK. TAMACHANMAN. XXKOOGXX. TAIHEI.

FOOD: MOBILE DISCO

YA△MA -TAMULAS/PRYTHM from OSAKA-
’94年よりDJ活動を開始。ジャズ、アブストラクトからドラムンベースを経て、ブレイクビーツ、テクノ、ハウス、ワールド、音響 etc…とジャンルにとらわれないフリースタイルなプレイを続け、国内外数多くのDJ、アーティストとの共演を果たすと共に、DMRのバイヤーとして世界各地の良質な音を大阪の街に紹介してきた。その後は所属をnewtone recordsへ移しオープン時からバイヤーとして活躍した。BOREDOMSのEYEとのパーティ『eep』をオーガナズし、その後『OUTPUT』『FLOWER OF LIFE』にも参加。伝説のクラブ”MACAO”のファイナルパーティーのトリを勤め、その祝祭のLIVE録音”CELEBRATION VIBRATION”をDJ DNTとのスプリットでリリース。2011年にはMIX CD”Before The Wind”を、今年2月には幻のUSB音源から抜粋された「into the light」をCOSMIC LABよりリリース。5/21の金環日食パーティ『MUSICO 6』に参加。8/8には最新MIX CD”cycle”をBLACKSMOKERよりリリース。さまざまなスタイルのパーティにゲストDJとして呼ばれては、その場の雰囲気を意識しつつも「好きな音」をプレイし続けている。唯一無二、もっともラディアンスなWOM△N。

04
SAT

ガラクタ新年会

[ HOUSE and any dancemusic. ]

□TBA〜□ADV:2000. DOOR: 2500.

DJ: SENBA. K-KATSU. AKIRA. HIROYUKI.
DANCE SHOW: NEW YEAR SPECIAL FREE DANCE SESSION.

ガラクタ新年会2017
今年もダンスと音楽を通じてより沢山の人達に楽しんでもらえるパーティーにしていこうと思いますのでみなさんよろしくお願いしますね(^ ^)

DJ SENBA -ガラクタ-
音楽好きな父親と音楽講師の母親の元に生まれ、その両親の影響により幼少期よりピアノやリトミックなど多彩な音楽教育を受ける。それにより培われた身体と音楽、楽器に対する繊細かつ直感的な感覚を生かし、リズム、メロディー、音色、感情、ダンス=ミュージックなDJスタイルを構築する。DJ、ダンス、アート、イベントプロデュース、楽曲制作など音楽とダンスを軸に様々な形でシーンにアプローチし、現在もその探究心を止める事なくダンスと音楽の旅を続ける。

DJ K-Katsu -The 5 Circle/SOLE Channel Family-
1999年末よりDJ活動を開始。
NY Deep House, Garage, Soul, etc…様々なDance Music, DJに影響され国内外のアーティスト,Timmy Regisford, Francois K, Joe Clausell, Danny Krivit, Kenny Dope, Black Coffee, Tony Touch, DJ Spen, KARIZMA, Eman, Donna Edwards, Kimlight Foot, Andre Collins, Jovonn, DJ Spinna, Osunlade, Quentin Harris, Adam Rios, Jerome Sydenaham, Ian Friday, Mr.V, AlixAlvarez, Franck Roger, Hallex M, Jihad Muhammad, Braian Coxx, Glenn Underground, Boo Williams, Alton Miller, Cordel Johnson, Alex From Tokyo, Cory Soulfuzion, DJ SHAN S., DJ Nori, DJ Hiro, Toshiyuki Goto, DJ Uchikawa Masahiko, Kaoru Inoue, 高宮永徹, DJ Gomi, etc…のFront Act, 共演し経験を積む。

また国内外Top House Dancerである、Shan’s (Dance Fusion NYC) ,Caleaf (Dance Fusion NYC) , Marjory (Dance Fusion NYC), MIKEU4RIA (Dance Fusion NYC), Ejoe , Brooklyn Terry (Elite Force) , Cebo (NXGE NYC) , Yuki (Sound Cream Stepperz) , ALMA (Koji , Hyrossi , Pino , Hiro) , Glass Hopper (Tatsuo , Itsuji) , Jig (Take , Tsukasa) , Pinochio (Pino , Kenji) , Zero db (Wadoo , Yan-C) , SYMBOL-ISM (TAKUYA , Suthoom)etc…数々のDancerをフューチャー、共演し数々のDancerから注目される。数々のHOUSE DANCE BATTLEにBATTLE DJとして参加。(JUST DEBOUT JAPAN, Summer Dance Forever Japan, DANCE @LIVE, THE GAME, HOOK UP, etc…)
HOUSE DANCE CROSSINGに毎年MAIN FLOOR DJとして参加。

2012年関西DEEP HOUSEシーンに一石を投ずるべくNEW PARTY “DROP ZONE”@GRAND Cafeをスタートさせる。(Mr.V, BRIAN COXX, FRANCK ROGER, KARIZMA. etc…を招聘)
毎週月曜日MONDAY CHANNEL@UNIONも展開中。毎週木曜日T5C Lounge@Vanoも主催。
毎年の渡米にてNYCの様々なREAL PARTYでDJ Playを経験。NEW YORKERにも賞賛される。長期滞在の大半をCLUBで過ごす。Mr.V主催SOLE channel Music アパレルラインのJPライセンスを取得し日本でも展開。SOLE channel Music NYC Familyに加入。(www.solechannelmusic.com)
2014年からNew York CityのInternet Radio Show “NYC House Radio”にてExclusive Mixを毎月配信中。(www.nychouseradio.com)2015年House Music x New York Cultureをコンセプトに自身のThe5Circleアパレルライン”T5C DELI”を立ち上げる。SOLE channelアパレルラインと並行して展開。

05
SUN

Sunday Dub Sessions

[ DUB and any dance music. ]

□06PM〜□ADV/WF:2000. DOOR: 2500.

DJ: KURANAKA a.k.a 1945 (Zettai-Mu)
将軍 (fluid-Nagoya) DJ tA.hA.rA.(Hidden Steppaz)
DJ UJI (音韻王REC.) TAIHEI(GOLD EXPERIENCE)

KURANAKA a.k.a 1945 -Zettai-Mu / Japan-
11の顔と1000の腕を駆使し日本中のアンダーグラウンドから革命の狼煙を上げ続ける絶滅危惧種の野生の日本人。開放的な上物と相まって叩き打つリズム、体中を行き来する超重量級ベース、フロアを狂喜乱舞させる獣の様なダブ・エフェクト!!20年以上に渡って日本のダンス・クラブシーンの最前線で活動する。Dub、Jungle、Drum&Bass、Dubstepと呼ばれる UK Sound systemミュージック、そして日本のDeepサイドミュージックのパイオニア。

 今年で21年を迎える日本唯一のロングランパーティー「Zettai-Mu」(大阪Bay Side Jenny、梅田Noon、難波Rockets、新宿/恵比寿Liquidroom、代官山Unit、Yellow、Eleven、代官山AIR、渋谷Asiaなど)をはじめ、近年盛り上がりを見せるBass music partyの最高峰「Outlook Festival Japan」そして’13年にはAsia初となる「Sonar Music Festival」 の国外サテライト・イベント「A Taste of SONAR」の主催者でもある彼は 日本初の野外フェスティバル・レイブ「Rainbow 2000」をはじめ、3度の「FUJI ROCK FESTIVAL」「朝霧JAM」「METAMORPHOSE」「Outlook Festival」「Saturn」「Earth Dance」「明宝 Reggae Festa」「渚音楽祭」「舞音楽祭」といった屋内外のフェスティバルにヘッドライナーとして出演。シーンの草分け「Drum&Bass Sessions」や 東京アンダーグラウンド・ビーツ最前線「Tight」等のレジテンツ、和太鼓チームとのコラボレーション、DRY&HEAVYのボーカル AO INOUEをフィーチャリングしたステージや、REBEL FAMILIA/DRY&HEAVYのベーシスト Akimoto”Heavy”Takeshi、BOREDOMSのE-DA、アコーディオン奏者 COBAとのセッション、古くはディジュリドゥ奏者 GOMAをフィーチャリングして「Rainbow 2000」「FUJI ROCK FESTIVAL」「METAMORPHOSE」といったフェスティバルに出演、近年は日本のレゲエ・オリジネーター MUTE BEATのリーダー こだま和文 とのライブセットでの活動や、Shing02 との同期コンビで 2つの国際芸術祭(2014年 ヨコハマトリエンナーレ、2015年 KYOTO PARASOPHIA)1年に渡り繰り広げられたステージを飛び出し観客と深化させる問題作『日本国憲法』がリリースされるなどジャンルや時代の垣根を越え様々なシーンの最前線で活動する。「海底2万マイル ZETTAI-MU 丸腰でトライするエンタープライズ ゼロ足しても掛けてもゼロ」THA BLUE HERBのBOSS THE MCが歌っている様に、シーンを底の底で牽引する日本のSUB CULTURE界のラスボス。

 20年以上もの間 年間 100 本近いギグを行い、これまでに日本・アジア・UK・ヨーロッパなど 40回以上のツアー行脚を行っている彼は、LEE PERRYの来日ツアーをはじめ、JAH SHAKA、LKJ、DENNIS BOVELL、ADRIAN SHERWOOD、ABA SHANTI といった Roots Reggae / Dub の来日公演から、世界最大のサウンドクラッシュ「Red Bull Culture Clash」においてGrand Winnerに輝いた Rebel Soundの SHY FXをはじめ、CONGO NATTY、RONI SIZE REPRAZENT、ANDY C、DEGO、The BUG、MALA(DMZ)等の Jungle / Drum and Bass / Dubstepのアクト、グラミー賞5冠制覇のDAFTPUNKの初来日、UnderworldのDERREN EMERSON、近年にはJAMES BLAKEの初来日公演のACTも務める。またカリフォルニア のFLYING LOTUS、NY・ブルックリンの COMPANY FLOW、AESOP ROCK、NINJA TUNE といったHipHop / Beats系、国内では「HAPPERS ALL STARS(Audio Active. Dry&Heavy. Tha Blue herb. 1945)」での全国ツアーや、BOREDOMSのツアー、THA BLUE HERB、REBEL FAMILIA(GOTH-TRAD+HEAVY)、OKI DUB AINU BAND、O.N.O、QUIETSTORM 等とツアーを行っている。  
初期のリリースは「MOU」という名義で (w/NHK Koyxen) ドイツの名門 『MILLE PLATEAUX (ミルプラトー)』よりABSTRACT HIPHOPの先駆け『ELECTLIC LADY LAND』等にDJ SPOOKYやDJ VADIM、TECHNO ANIMAL(THE BUG)等と並びクレジットされている。またコンピレーション『響現』や CISCO RecordsよりDRY&HEAVYのベーシスト AKIMOTO”HEAVY”TAKESHI をフィーチャリングした楽曲をリリースしている。1945名義では TIGHTシリーズのMIXを煙突レコーディングスよりリリース。リミキサーとしても Audio ActiveのRemixをOn-u soundよりリリース。REBEL FAMILIA、ORIGINAL LOVE等の作品を解体~再構築し、ロンドン ICA などでのコンテンポラリーアートショウや、アメリカ ネバダ州 Burning Manでのプロジェクトに楽曲を提供するなど活動は多岐にわたる。そして Jungle~D’N'B 黎明期の片仮名「クラナカ」という名義ももちろん彼であり、世界中で愛用されている KORG「KAOSS PAD」Delay + Reverbe + Siren、、が、彼のプレイからヒントを得て開発された事はあまり知られていない。強力なビートに乗るメッセージは、そのしっかり踏みしめた 両足にのみ伝わる。繊細だが力強く感じ取れる「今まで」「今」そして「これから」へ、貴方が必要とする瞬間、、一人ではたどり着けない場所に向かって、、現代の太鼓打ちは今日も何処かで大きくバチを振る。
Zettai-Mu — http://www.zettai-mu.net
Outlook Festival Japan — http://outlookfestival.jp
Facebook — http://www.facebook.com/zettaimu.jp

DJ UJI -音韻王REC-
地元名古屋を中心に幅広く精力的に活動しているDJ/トラックメーカー。
この地方では誰よりも早くアンダーグランドHIP HOPを自らのクラブプレイのピークタイムに取り入れ自分のスタイルを確立する。
その為か、名古屋UNDERGROUND HIP HOP DJのパイオニア的な存在 と言われるようになる。

これまでに共演したアーティストは国内外問わず多数存在し、また、イベントオーガナイザーとしても外国のアーティストを招いたイベントを成功させるなど裏方としてもシーンに貢献している。
そんな彼が作り出すトラックも誰でもない色が出ており、頑なにサンプリングにこだわるスタイルに共感し製作を依頼してくるアーティストが後を断たない。

2007年より、名古屋のレジェンド刃頭率いる『音韻王者REC.』のレーベルアーティストに。
音魂SOUND FACTORY、音韻王者REC.のアーティストとして精力的に動きまくっている。
『音に魂を』これをコンセプトにクラブでのDJ、トラックメイク、イベントプロデュース、MIX作品等で音に対する熱い気持ちを幅広い世代に発信中。
土臭いビートでダンサブルな音が好物でUNDERGROUND HIP HOPからBREAKBEATS、DUBやBASS MUSIC、D’N'BまでをHIP HOPマナーで再構築し時にはエフェクターも駆使し幅広くミックスするそのセンスに中毒者急増中!

10
FRI

Valentine Session feat “LOFTSOUL California Deep Ep” Release Party

[ HOUSE and ant dancemusic. ]

□08PM~□ADV:2500. DOOR:3000.

SPECIAL GUEST DJ:
TOHRU TAKAHASHI (GOD FATHER)

DJ: LOFTSOUL aka UCHIKAWA.
YUDAI -FUSION- NODA -FUSION-

FOOD:
TAKURO COFFEE. 373marche. 燻製工房 源 gen.

TOHRU TAKAHASHI -GOD FATHER-
77年からDJ活動を開始し80年ニューヨークのクラブシーンに憧れ渡米。ゲイカルチャー全盛のハードなクラブシーンを体験し一年後に帰国。80年代日本を代表する最先端のクラブでメインDJを4年間務め85年ニューヨークへ移住、DJレストランとして話題となった「Fujiyama MaMa」の立ち上げに参加。メインDJとして活動する傍ダンスクラブの聖地“PARADISE GARAGE”へ通い続け、レジデントDJ ラリー・レヴァンのプレイに影響を受けると共にハウスミュージックの黎明期を体験。4年間に渡るニューヨークでのDJ活動を経て89年末、伝説のクラブ「GOLD」のメインDJ兼サウンドプロデューサーとして帰国し、ハウスミュージック&ガラージサウンドを国内に浸透させGOLDの黄金時代を築く。99年には宇川直宏、MOODMANとタッグを組んだダンスパーティー“GODFATHER”が恵比寿”みるく”でスタートし、国内で最もレジェンダリーでエクスペリメンタルなパーティーとして話題を呼びアンダーグラウンド・ダンスミュージックシーンを牽引。著書には70年代からのDJ活動の全貌を活字で明らかにした自叙伝『DJバカ一代』。ミックスCDではLARRY LEVANによる狂気の日に焦点を当てた「SICK HOUSE」、ガラージ的アプローチでミックスした「REGGAE LOUNGE」、自身初のテクノミックス 『GODFATHER 10th anniversary Vol.1 / deathcovery mix – Mixed by TOHRU TAKAHASHI』など話題作多数。70年代からダンスミュージックに精通し40年に渡るDJキャリアから生まれるミックス感覚は唯一無比であり、そのプレイスタイルで常にダンスフロアに高揚感を与え続けている。

Masahiko Uchikawa -Rhythm Of Elements/LOFTSOUL-
2013年DJ生活30周年を迎えたDJ 内川マサヒコは、日本を代表するDeep/Soulful HouseのDJ/プロデューサー。80年代から東西の主要クラブでレギュラーDJを務めてきた他、日本各地や海外の数えきれない程のクラブにゲスト出演してきました。日本のDJの中でも特にディープでソウルフルなスタイルを貫く彼のプレイ、オリジナリティ溢れるサウンドメイキングとミックスセンスには定評があり、世界中のコアなファンのラブコールを受け活躍しています。
DJ/内川マサヒコとピアニスト/クリヤ・マコトによる「Rhythm Of Elements」はヨーロッパや日本を代表するレーベル(Black Vinyle、Future Vision、Loop Sounds、r2 Records、Jet Set Records…)よりリリースを続けて2008年には結成10周年を迎え、現在は日本を代表するDeep House Unitとして認知され、世界のアンダーグランドハウスシーンで支持されている。自らのレーベル・Loft Musicをスタートし、ソロ・プロジェクト“loftsoul”を始動。ディープハウスをキーワードに実験性に富んだコラボレーションに挑み、“loftsoul”名義にて初のオリジナルアルバムを発表。ジャンルの枠を超えた内容が話題となった。そして2008年11月には集大成とも言えるCDアルバム「Rhythm Of Elements/Evolution」をリリース。2009年は2月に続きロンドンでのゲストDJの他、6月にはシカゴ、デトロイトでのプレイも実現しワールトワイドな活動範囲は広がるばかりです。そして現在「Rhythm Of Elements」、「loftsoul」名義のニュ-シングルやリミックスに向けて精力的にレコ-ディング中。

11
SAT

AUDI. presents Saturday Night Live featuring…
AMP FIDDLER -SOLO LIVE-@lounge vio

[ FUNK and any dance music. ]

□6PM□ADV:4000. DOOR:4500.

LIVE: AMP FIDDLER -SOLO LIVE- from Detroit
DJ: SONIC WEAPON. KES.

デトロイトの奇才、アンプ・フィドラーが
東京、名古屋で来日公演決定!

昨日の『ミュージックステーション』でB’z稲葉浩志のバックバンドで演奏していたことが話題沸騰中の、デトロイトのキーボーディスト/シンガー/ソングライター、アンプ・フィドラー。Pファンク軍団の一員としての活躍を始め、プリンス、ブランド・ニュー・ヘヴィーズ、ジャミロクワイ、マックスウェルなど様々なミュージシャンとステージを共にしてきたソウル/ファンク界のレジェンドである彼だが、Jディラのメンターでもあり、ムーディーマン、セオパリッシュ等との数々の作品におけるコラボなどでも知られ、ヒップホップ、ハウスなど幅広いジャンルに影響を与えてきた。去年はジョージ・クリントンと来日したことや、ニューアルバム『Motor City Booty』を発表したこともあり、話題につきない彼のジャパンツアーが開催!!

Amp Fidder from Detroit
アンプ・フィドラーは、ミシンガン州デトロイトを拠点とするキーボード奏者/シンガー/ソングライターである。George Clinton率いるParliament/Funkadelicに在籍し、またMoodymann, Theo Parrish, Brand New Heavies, Fishbone, Jamiroquai, Maxwell, Prince等のレコーディングやツアーに参加してきた。テープ編集でビートを作っていた若い頃のJ Dillaに、サンプリング・ドラムマシーンAKAI MPC60を教えたことでも知られ、その後DillaをQ-Tipに紹介したのもAmpである。1990年、兄弟であるBubz FiddlerとのMr.Fiddlerとして、アルバム『With Respect 』をリリース。2003年、Amp Fiddlerとしてソロ活動を開始し、アルバム『Waltz Of A Ghetto Fly』をリリース。2006年、アルバム『Afro Strut』、2008年、Sly & Robbieとの共演アルバム『Inspiration Information』をリリースしている。2016年、最新アルバムMidnight Riot Recordingsより『Motor City Booty』をリリース。2017年にはMahogani Musicよりアルバムをリリース予定との事。
□https://www.facebook.com/AmpFiddlerMotorCity/

11
SAT

DILLA NIGHT 2017@lounge vio

[ HIP HOP. ]

□11PM~ □DOOR: 1000.
(AMP FIDDLER LIVEへお越しの方はチャージフリーでそのままDILLA NIGHTも入場可能です)

DJ: FREE DJ

DILLA NIGHT 2017
毎年ディラの命日付近で開催するJ DILLA 追悼パーティーDILLA NIGHT!今年はDILLAの師、AMP FIDDLERのライブが同日開催というビッグニュースを受け急遽VIOにて開催!!AUDI.プレゼンツにてアンプ・フィドラーのLIVE。終了したらQROMATIEプレゼンツにてDILLA NIGHT。もちろん今年もDILLAレコード持ってきたら誰でもDJで参加できるFREE DJスタイル!!DILLAファンはモチロン、全ての音楽好きに捧げる最高確定の一夜!!

*AMP FIDDLER LIVEへお越しの方はチャージ・フリーでそのままDILLA NIGHTも入場可能です。
*J DILLA、J DILLA関連のレコード持参の方は全員DJ参加型FREE DJ STYLE !! DILLAのプロデュース作品はモチロン、DILLAがラップで参加した作品、DILLAが元ネタで使用した作品など、DILLAの音源ならば何でもプレイするスタイルです!!DILLAレコード持ってギャンギャン参加して下さい!!

12
SUN

BIG CRUNCH”7th ANNIVERSARY”

[ TECHNO and ant dancemusic. ]

□01PM〜□ADV:3000. DOOR:4000.

GUEST DJ: Q’HEY (REBOOT) TAKAAKI ITOH (Wols) A.Mochi(Figure)
REMO-CON (rtax/EXTREMA) DJ Shimamura (DYNASTY RECORDS)

BIG CRUNCH DJ: ガスター点. Ryusuke. フジタタダシ. KOOL BIZ.
Shingohatade. 多羅尾. Blendy. YUTAKA. Hamayan. 五条狐萩.
狐鳥. Cyber SHINO. ☆Taleshi.
VJ: asaZy

BATTLE FLOOR
GUEST DJ: SHU-TA (MELT,The DILDO)
DJ: RocKEN. Halka. 隼雄. 藻尾郎. alisten. Yuki. Shamin.

3D LIVE PAINT: Biry-ma. 
FOOD: さす屋

BIG CRUNCH の7周年Party 開催決定!
今回もBIG CRUNCHらしいGUEST LINE UPでド派手に開催します。ぜひ2/12(日)はCLUB-MAGOへお越しを!!BIG CRUNCH”7th ANNIVERSARY”

Q’HEY -REBOOT-
レーベル「MOON AGE RECORDINGS」主宰。今年15年周年を迎える国内最長寿テクノパーティー「REBOOT」を西麻布elevenにて、レーベルパーティー「MOON AGE」を新木場ageHaにて開催。野外フェスティバル「METAMORPHOSE」及びモンスタービーチパーティー「Maniac Beach」のレジデントDJでもあり、日本のテクノシーンをリードする存在として常に最前線で活躍している。アジア諸国、ヨーロッパ諸国でプレイする機会も多い。2012年にはフジロックフェスティバル出演。2013年にはJEFF MILLSのニューアルバム「WHERE LIGHT ENDS」にリミキサーとして参加。またインターネットラジオ局block.fmにて、毎週火曜に放送している番組「radio REBOOT」でのパーソナリティーも務めている。

TAKAAKI ITOH -Wols-
これまでに50を超えるEPリリース、世界19カ国100を超える都市でDJ、ライブを経験。名実共に日本を代表するテクノDJ。そのハードかつストイックなサウンドスタイルでヨーロッパを中心に世界中に多くの信者を持つ。03年には自身のレーベル”WOLS”をスタート、当時の Tresor のレーベルスタッフの Mark Snow 氏をして、「今までの多くのテクノの価値観を破壊し、彼らのその目を見開かせたトラックである」と絶賛される。その後も、ハンガリーで行われた Mayday in Hungary やスペインの最も有名なクラブ La Real などといった各国の大規模のイベント、フェスティバルに出演。各国メディアからは「ジャパニーズ・アンダーグラウンドキング」との名称が与えられる。04 年はポーランド、ハンガリーの最大規模のフェスティバルで Jeff Mills などと共ににインターナショナルDJとして競演。2005年7月にはアムステルダム最大級の野外フェスティヴァル Awakenings に出演を果たし、集まった3万人のクラウドを熱狂の渦へと巻き込んだ。トラックとDJプレイに一貫する、『テクノが持つビートをストイックに探求』、そして『音に妥協を許さないそのスタイル』に加えて『ハードコアな、いままでのテクノをさらに前進させる、独自のインダストリアル観を持つビート』に特化したそのDJ/LIVEプレイはクラウドに新鮮な衝撃を与え、熱狂させている。

A. Mochi -Figure-
東京を拠点に、ライブアクトやDJとして活動する日本人テクノ・プロデューサー。2006 年より「Hardsignal」、「Tremors」などからコンスタントに12インチのリリースを重ね、2007年にはLuke Slaterのレーベル「Mote-Evolver」から2作品をリリース。2008年にはAlex Bauのレーベル「Kumo」より2枚の12インチをリリースした他、Francois K.のレーベル「WaveTec」からリリースした後、2008年10月には、現在、世界で最高のクラブと称されるBerghain(ベルクハイン)のレジデントDJ、Len Fakiのレーベル「Figure」からリリースした「Battry EP」が数々の第一線のDJ達にプレイされ話題となる。2009年にFigureからリリースした「Black Out EP」はワールドワイドで好セールスを記録。同年、Len Fakiのヒット曲”Death By House”のリミックスを手掛け、Sven Vathの「Cocoon Recordings」からリリースされた。2010年にはファーストアルバム「Primordial-Soup」をFigure(日本盤CDはMusicMineより)からリリースし高い評価を得る。翌2011年にはSystem7のアルバム「Up」の先行シングル「PositiveNoise」のリミキサーとしてCarl Craigと共に起用され「A-Wave」よりリリースされた他、Figure、Yoshitoshi、Trapez等からオリジナル、Remixのリリースを予定しているなどその快進撃は続いている。リミックス音源も多く、Cocoon、A-Waveの他にもDubfire (Deep Dish)のレーベル「SCI+TEC」や「Figure」「Craft Music」からも彼のリミックス音源がリリースされており、オリジナルも含め、今までに10枚を超える12インチをリリースしている。他にもChris Liebingのレーベル「CLR」のポッドキャストにミックスを提供するなど、常に海外からの高い注目を集めている。トレードマークでもある力強い重厚な楽曲はワールドクラスの錚々たるアーティストにプレイサポートされ、高い評価を得ている。2010年には石野卓球がオーガナイズする「WIRE10」に出演を果たし堂々のパフォーマンスを見せ、初のヨーロッパツアー(ベルリンのBerghain、フランスのフェス「Nordik Impakt」にも出演する)を行い、2011年も国内はもとよりオランダの「Solar Weekend Festival」へ出演するなど海外での活動も精力的に行っている。今現在、一番リアルタイムなテクノを作り出し、世界のシーンを揺さぶることができる日本人プロデューサー、A.Mochi。その名を覚えておいて、損はないだろう。

http://amochi.re-sound.jp

18
SAT

りんご音楽祭 × GOLD EXPERIENCE presents
金のりんご 2017@club mago&lounge vio

[ HOUSE and any dancemusic. ]

□08PM~□特売券: 3000YEN ADV: 3500YEN DOOR: 4500YEN (入場時別途ドリンク代500円必要)

LIVE:
Alfred Beach Sandal/asuka ando/井の頭レンジャーズ/MCウクダダとMC i know/踊ってばかりの国/OBRIGARRD/Orland/Campanella/C.O.S.A. × KID FRESINO/クリトリック・リス/サイプレス上野とロベルト吉野/STUTS/Seiho/中村佳穂〈[GUEST]Key&Mani:荒木正比呂(レミ街) Dr&Per:深谷雄一(egoistic4leaves/native)〉/nobodyknows+/RITTO/呂布カルマ
DJ:
AKIRA(GOLD EXPERIENCE)/APOLLO(eleven/BLACK CREAM)/ina takayuki/掟ポルシェ/dj sleeper(りんご音楽祭/美栄橋on/瓦RECORD)/TAIHEI(GOLD EXPERIENCE)/DJ MITSU(nobodyknows+)/やけのはら/DJ YOGURT
Live Painting: ina takayuki
VJ&DECO&LASER: HELLSEE. YAMA.

金のりんご -2017-
大小規模を問わず全国各地で野外音楽イベントが乱立する昨今のフェス戦国時代の中でも独自性とリピート率の高さで一線を画す「りんご音楽祭」と、名古屋では“ゴルエク”の愛称ですっかりおなじみの人気パーティー「Gold Experience」が生み出した都市型屋内フェス「金のりんご」…2017年も開催大決定です!!!会場は昨年と同じく、名古屋・新栄CLUB MAGOとLive & Lounge Vioの2会場。さらに今年は、老若男女問わず音楽が好きな方なら誰でも足を運びやすいように…との思いから、20時からほぼ半日近い開催になります!終電で帰る人も、夜からしか来られない人も、しっかり楽しめますよ〜!
□http://ringofes.info/event/goldenapple2017/

25
SAT

AUDI.

[ HOUSE and any dance music. ]

□08PM~ □ADV: 2000/1D. DOOR: 2500/1D.

DJ: SONIC WEAPON. JAGUAR P.
LIGHTING: KATOKEN.

AUDI.
宇宙に限りなく近い場所とされている[Club Mago]にて夜な夜な繰り広げられている[AUDI.]はジャンルも格好つける事も忘れたJaguar PとSonic Weaponの2人がタイミングとフィーリングで大好きなレコードを愛情たっぷりプレイするラフでタフでスペイシーでスパイシーでファンキーでファンシーでサイケでサイコーなダンスミュージックパーティーです! 

26
SUN

Cafe Dufi15th Anniversary Party!!@lounge vio

[ LATIN. ALL JUNLE. ]

□5PM~□ADV: 2800. DOOR: 3000.(入場時別途ドリンク代500円必要)

LIVE: Son d’ K Libre(from 大阪)
Especials(from 名古屋)

DJ: 金子光伸(BOSSA NOVA DE KISS)
加藤宏尚(BOSSA NOVA DE KISS)
TAKEO(The Valencia)
SKULL MASCARAS(イノウエリョウ/Cafe Dufi)
ナカノアヤカ(Cafe Dufi) ミズノ(Cafr Dufi)

Son d K.Libre/ソン・デ・カリブレ
キューバ人音楽家ジャセル率いるSpecial Cuban Music Band。濃いぃ大阪ラテンシーンで活躍するメンバーと創り上げたキューバのソン・サルサ・ルンバ・ワランチャなどのrootsリズムがベースのオリジナルサウンドは唯一無二に大宇宙!名古屋発上陸!

ESPECIALS/エスペシャルズ
泣く子も黙るパンク少年は、大人になってもその勢い止まずキューバ音楽に手を染めた。夜な夜な集まっては奏でるラテンのビートは血と汗と哀愁をまとったgrooveの渦となり、ついに名古屋のラテンpeopleにとって無くてはならない存在となった!